誰もが正論は正しいとわかっているけど、それだけじゃうまく生きれない

自分らしい生き方

正論は正しい、その通りですが正論を言われるとなんかイラついたり、ムカついたりすることありませんか?正論は理論的には正しいんだけど現実では理論通りにならないことが多いし実際に自分が直面していないことに対して外野から正論を言われても全く改善効果はないし、逆効果になってしまうことが多いです。

そもそも正論を建てに話しかけてくる人はその正論を投げかけた当事者の内情がほとんどわかっていないことが多々あるんじゃないだろうか?私も正論を言うことはありますが昔は本当にそれが現実に即して正しいと思っていました。

でも今ではその正論というものはほとんど役に立たないと感じています。世の中はもっと流動的に動いていて一つの理論だけで説明できるものではないんです。

日常では正確さをあまり必要としない

うまく生きるためには、正論よりも曖昧さの方が大切だと思います。

関連コンテンツ