「生」ついて

人生・生き方

ikiru

 

 

 

 

 

「生」つまり生きることについて深く真剣に考えたことはあるでしょうか?おそらくほとんどの方はないんじゃないかと思います。

今ある日常が永遠に続くとは思っていないにしても直近の明日は必ず来るものという漠然とした認識が無意識にあるでしょう。またそういう無意識がないと気が狂ってしまうか感受性が麻痺してしまうのかもしれません。
誰かにあなたは生きていたいですか?という質問をすれば日本に住んでいる人はほとんどの人が「生きたい」と回答することが容易に推測できます。この「生きたい」というのを欲望・願望だとすれば私はそれがほとんどないのです。

 

何度かブログにも書いてきましたが私は生来人がもっているこういう感情がとても希薄です。だからと言って死にたいわけでもありません。こういうことって一般的には考えないのかもしれませんが私は生きている意味はあるのかなとふとしたおりに頭によぎることがあり妻にそういったことを話すと生きる意味なんて考えなくいいんだよ、考えるからつらくなるんだよと言われています。

 

たぶん、そうなんだろうと思います。それでも「生きる」ということが一旦無意識から意識できてしまうとなかなかそいうわけにはいかないと思うのです。ただこういう状態にあっても「苦しい」「つらい」等の感情もわいてこないんですよね。感情的に乏しいというのもあるかもしれません。

 
「生」について私が何故このような考えに至ったのかを自分で分析してみると「毎日自分でできる限りのことをしているので後悔がないという認識がある」「世の中にはどうしようもないことがたくさんある」「自分でコントロールできない事柄多い」「一秒先は何が起こるかわからない」「人間の生命はそれほど長くないと感じる」等があげられるのですがこれらのことをすべて受け入れようと考えてから「生」についてとても希薄になったのかなと思いました。

 
これから「どんなことをしても生きていたい」というような感情が起こることがあるかもしれませんが「足るを知る」という私の根本的な考えからすればそういうことは起こりにくと思ってしまいます。

 
生きているという意味は必要ないのかもしれませんが「生きている喜び」をできるだけ多く感じれるようにしていきたいです。

関連コンテンツ