セミリタイア実践編 2018年4月




セミリタイアするまでのブログは数多くありますがセミリタイア後を描いたものはまだそれほど数が多くありません。セミリタイア後に実際はどのような経過が起こっているだろうと関心がある人もいると思います。

そこで私のセミリタイア後の経過報告を「セミリタイア実践編」として定期的に記事にしていきたいと考えています。

 

セミリタイアについての定義はこちらをご覧ください ⇨ セミリタイアとは資産+最小労働

 

私がセミリタイアするために準備していたことは「お金」「時間の使い方」「健康」です。この中で読者の方が知りたいのは「お金」のことですよね。正直「お金」以外のことはたいして興味がないかもしれませんが私はこのブログを備忘録としても活用していきたいと考えていますのでどのように過ごしているかも書いていきたいと思います。

 

セミリタイア後の「お金」「生活」以外にも何か書いて欲しいことがあれば、出来る限り対応させてもらいたいと考えているのでグローバルナビもしくは右サイドバーにある「お問い合わせ」からリクエストをお願いします。

 

今回はセミリタイア実践編1回目となりますのでセミリタイア開始時期2017年9月~2018年3月までをざっと振り返ってみます。

 







セミリタイア生活の経過報告

2017年9月からセミリタイア生活を開始しましたがサラリーマン退職後はもろもろの手続きが多くありました。国民年金、国民健康保険の切り替えにはじまり確定給付年金の手続き(会社から書面が郵送されてきました)とハローワークで失業保険の申請です。

2017年10月には鳥取市に移住してきたので引越しや上記の手続きに数日かかりました。そして途中から私は妻の扶養に入ることができたので国民年金や国民健康保険の脱退手続きがあり9月10月は書類手続きが多かったです。

2017年11月~3月は比較的落ち着いた生活ができています。やらなければいけないことも失業保険給付のためにハローワークにいくことぐらいでした。ちょっとイレギュラーだったのは失業保険の給付額が多い場合は扶養に入れないということでした。

失業保険給付開始からは再び妻の扶養から外れ国民年金、国民健康保険に戻っています。給付終了した時点で戻すことになります。

1月にはは退職後初の確定申告をしました。今までは退職してもすぐに就職が決まっていたので無職での確定申告ははじめてでしたがネットや税務署員の方に質問して無事に還付金を受け取ることができました。

この経過からみると退職後2~3か月したら手続き関係はほぼ終了するということですね。確定申告時期は決まっているので該当しない場合もあります。

 

1日の生活ですが特に何をしなければいけないということはないのですが専業主夫として家事を担当しているので当初は忙しかったのですが徐々に効率化できてきたので今では時間的余裕はあります。

フリーの時間は読書、ブログ、テレビ、映画、散歩などに使っています。サラリーマン時代から特に新しいことをしているわけではありませんが裁量で使える時間が増えている分ストレスはなくなりました。

家事を担当していて自分は案外向いているなと感じました。今までは妻に任せていたので掃除などはほとんどしたことはなかったですが自分がやりはじめてみてここは埃が貯まりやすいとかがわかって新たな発見もあったりします(笑)

 

セミリタイア生活の健康

私は痛風と喘息もちなので特にこの2つの症状については気にかけています。痛風は尿酸値が上昇することによっておこるのですが水分不足になるとダメなので1日2ℓは水分を取るようにしています。あとどんどん排出しないといけないのでトイレにも定期的にいくようにしています。

喘息はいつも寒くなるはじめになるのですが今年はなりませんでした。原因としてはストレスやのど風邪の初期症状から移行する場合があります。だからのどの痛みについてはちょっと症状があるとすぐにケアすることにしています。

鳥取市に移住してきてからは空気が澄んでいる気がするのでその影響もあってか喘息を発症していないのかもしれません。

セミリタイアしてからは健康そのものですね。

 

セミリタイア生活のお金

はじめに私の資産配分は現金20%・株式80%(日本個別株・国内ETF・先進国株式インデックス投資信託)を目標としています。

2018年4月1日時点では次のようになっています。

資産区分 比率 目標比率 乖離率
無リスク資産 19.56% 20.00% -0.44%
リスク資産 80.44% 80.00% 0.44%

ほぼ想定通りとなっています。

 

こちらはセミリタイア開始時期の2017年9月の資産を「100」として指数化したものです。100以下ならセミリタイア開始時期よりも資産が減少していることになります。

幸いにしてセミリタイア当初の資産を下回ったことはないようです。2018年2月急落時には一時的にマイナス350万程度になりましたが精神的に不安になることはありませんでした。

リスク耐性は人によって違いますが私の場合は耐性というかもう鈍感になりすぎているのかもしれません。あとは最悪働けばいいじゃんと考えているのでたいして心配していません。

セミリタイア後も積立投資は続けていて今年からはじまっている「つみたてNISA」にも投資しています。夏ごろからはアルバイトしようと考えているので積立投資はできる限り続けていきたいと考えています。

 

セミリタイア実践編の編集後記

今回からはじめた「セミリタイア実践編」ですが今後は四半期ごと(1・4・7・10)の更新にしようと考えています。大きな動きがあった場合にはその都度更新しますがあまり大きな動きはないような気もするんで(笑)

それでは今後も当ブログをよろしくお願いします。