心豊かにシンプルライフはセミリタイアの魅力を伝えるブログです

ダウンシフト×資産運用×ローコスト生活でセミリタイアを目指そう

セミリタイアとは

株価絶好調の今に考える株価暴落対策




最近は株価が好調なこともあり寝て起きたらお金が増えている人が多いだろうと思います。個別株も相対的に今年は上昇傾向にありますが個別の事情で上がっているものそうでないものもあります。

たいしてインデックス投資(先進国株式インデックスを中心としたもの)の場合は今年のリターンはすさまじいものがあります。

こちらは私のつみたてNISAの成績です。(2019年12月1日)私は年初に一括投資しているので年間のリターンがわかりやすいです。たわらノーロード先進国株式(2018年)、スリム先進国株式インデックス(2019年)です。つまり今年の先進国株式インデックスのリターンは約25%ということですね。

今年は株価絶好調でプラスになっている場合が多いでしょうがもちろんこの逆も起こりうるわけですから調子の良いときこそ暴落時に自分がどのような対応をするのか、どのような精神状態になるのかを考えておいた方がいいですね。

ただ感情というものは当事者にならなければなかなかわからないものです。投資をしているお金は近々に必要なお金ではないでしょうがやっぱりどんどんお金が減っていくのは気持ちの良いものではないですよね。

その時にならないとわからないまでも自分はどのぐらいお金が減っても通常の精神状態でいられるのかを自分で想像してみるのも悪くありません。利益が出ている状態では投資方針の変更やアセットアロケーションの変更も容易にすることができます。

多少の税金を納めたとしても利益が出ているので問題ないですよね。しかし含み損の場合はなかなか動くことができずに結局はじり貧に陥る場合も多々あると推測します。

だからこそ株価好調の時には再度自分のリスク許容度を確認しておく方がいいです。

ちなみに2018年12月から2019年1月にかけて株価は下落しましたが私のリスク資産は頂点の評価益から1000万の減少となりました。1000万あったお金が1か月足らずでなくなってしまったんですよね。

ただ私は特に何も気にならなかったんですよ。その理由としてインデックス投資は資本主義経済の成長にかける投資方法だからその理論は崩れていないと考えられたこと。もう一つは労働収入があったので当面の生活は困らなかったことです。

株価下落局面というのは数十年投資を行っていると何回かは直面することになります。その時に自分がやらなければならないこと、精神的に安定して生活できるには何が必要かを考えてみてもいいんじゃないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました