価値観は変わらない、それぞれの幸せの形




この記事は約4分で読めます。

価値観の形成は置かれた状況や環境、それに経験によって形成されていくと思うのですが一度凝り固まってしまった価値観というのはちょっとやそっとじゃ変わらないものだとつくづく感じます。

これまでの幸せの形は人の数だけあるとブログで何度か書いてきましたが、その幸せって本当に幸せなのかな?と疑問に感じることも多くあります。

何度も言いますが幸せの形は人それぞれですから、当人が幸せだと感じていれば何の問題もないのですがその幸せの形の押し売りや強要は後免被りたいですよね。

そんな人たちをみて自分の価値観や幸せの形を振り返ってみました。




最も重きを置いている価値観

私が最も重要視している価値観は「人」「時間」「お金」です。会社でもこれらは重要視されていますよね。たぶん会社の場合はこれにプラスして「物」というものも加えられてることが多いと考えられます。

個人でもそうなのですが会社の場合は限られた人・時間・お金・物を使って利潤を生みだしていかなければならないのでリソースが限られている以上はどうやって効率的に進めていくかという方向に向くのは当然の流れだと思います。

ただ個人の場合は「限られている」ということは同じなのですが自分で調整していい塩梅にできることに強みが生まれます。

人とのつながり

あまり人と関わることなく生活していきたいと考えるセミリタイア志望の方も少ないないでしょう。しかしまったくゼロにできるわけではありません。自分からは接触していかないという方針でもブログやツイッターなどのSNSをしていること自体が人を求めていると感じます。

もしできる限り人とつながりたくないと本心から考えているなら家でひきこもってネットの宅配サービスなどを使って生活する方がベストだと思います。でもこういう人ってほとんどいないと思うんですよね。

人と接したくないと感じていても本能では他人を求めてしまうのではないでしょうか。

何故こう思うのかというと私もできる限り人と接したくない、関わりたくないと考えてきたからです。しかし年齢のせいか最近は人とのつながりこそが人生を豊かにするのではないかと感じています。

もちろん誰もかれもというわけではなく、厳選していくことは必要でしょう。

時間の有限性

時間については当ブログを昔からご覧になってくれている方は何度も目にしたことがあると思います。初見の方もおられるでしょうから簡単に説明しておくと、当たり前ですが過去には戻れないんですよね。

つまり失ってしまった時間は絶対に取り戻すことはできないのです。若いうちは時間の有限性なんて考えたこともありませんでした。あり得ないことですが時間は無限にあるとさえ感じていました。

しかしアラフィフになり残された時間をふと考えたときに、自分に残された時間はもうあまりないかもしれないと感じてしまったんですよね。このことが私がセミリタイアに踏み切った最大の理由になります。

関連記事⇨セミリタイアへ私の背中をおした2冊の本

生きていくために必要なお金

お金については今更ふれる必要もないでしょう。生きていくためにお金は必要ですし、お金の量が多ければ多いほど選択肢を増やすことができます。選択肢を増やすというとたくさんのサービスを受けることができるや自分のやたいたいことをどんどんやっていくことができるという趣旨になりがちですよね。

しかし私は「お金の量が増えて選択肢が増える」ということは、自分がやりたくないことをやらない選択肢も選ぶことができると解釈しています。

例えばですが仕事が嫌で嫌で仕方がない人は仕事を辞めるという選択肢を選ぶことができるというわけですね。私の場合は特に何がやりたくないというのはないのですが、できるならフルタイムで働くのは避けたいと考えています。

フルタイムで働くとどうしても時間がなくなってしまうので、自分の時間を最優先したいという気持ちが強いです。ただ生活に困ったり、フルタイムで働いても良いという仕事であれば躊躇なくそちらを選択します。

ミニマリストはセミリタイア向き

ついでなので「物」についても書いておきたいと思います。私は物欲がほとんどありません。昔は本だけは買わずにはいられませんでしたが最近は図書館を有効活用させてもらっています。私の中で絶対にないといけないものがパソコンですね。

ネットの普及もありパソコン1台あれば娯楽も十分楽しむことができるようになりました。おしゃれにも興味はありませんし、何かのコレクター癖もありません。

ミニマリストの醍醐味は生活がシンプルで気持ちよくなることじゃないかな。そして生活コストも必然と精査されていくのでミニマリストはセミリタイア向きだと思いますね。

私の幸せの形

人、時間、お金を踏まえて私の幸せの形を表現すると次のようになりますね。

妻や家族を中心に健康な時間を長く過ごし、楽しいことをたくさん経験する

文字にしてしまったらあまりにも平凡なものになってしまいましたね。でも多くの人の幸せな形はこれなんじゃないかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました