閑散期は給料0円

自分らしい働き方

他の会社はどうなのかわからないですが私の会社では正社員と呼ばれる契約においても閑散期になると1か月間給料が0円の社員がいます。私が入社した当時はこういう制度はなかったのですがコスト削減の一環として採用されたようです。

正社員を数年継続すれば閑散期でも給料が入る社員になれるというわけでもなく、何か特別な事情がなければ年十年も同じままです。実際に私は10年以上今の会社にいますが契約が変わっていない人の方が多いと思います。

当然ですがこのような契約では離職率がアップすることは目に見えていると思うのですが過去に制度改正を何度進言しても何も変わりませんでした。

離職率アップ=新規入社社員経費アップの構造が成り立ちますので何をやっているのかわからない状態です。私はもう長くこの会社にお世話になることはないでしょうが今後は苦しい展開になるのかなあと感じています。

それでも何とかなるんが会社ってもんだと思いますが何事にも限界はありますからね。

関連記事:人件費を減らしたいなら給料を上げろ!

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ