これまでの名物正社員を一挙紹介します

自分らしい働き方

名物社員のはじまり

非常識なやつら

①と②はのちの夢見る少女、③はなるほど君です。

すべてはここからはじまりました。

 

なるほど君シリーズ

なるほど君がまたやってくれました

今思っても言葉の解釈って人それぞれなんだと痛感しますね。

 

なるほど君がまたまたやってくれました

このあたりまでくると何かしらの才能なのかと勘違いしてしまいそうです。

 

調理が終わったら火を止めよう

なるほど君の極めつけはこれかな。

 

35歳の彼シリーズ

35歳貯金0

さすがに貯金0は衝撃でした。

35歳の彼

35歳ってこんなに頼りないの?の印象が強烈にあります。

35歳びっくりポンや

ここまでくるとやはり常識はあったほうがいいなと思いました。

35歳の彼~扶養控除書類~

ある意味斬新でした。でもネットで調べたらそういう事例は結構あるみたい。

35歳残高不足

お金がすべてではないけどそれはないんじゃないと思いましたね。

 

夢見る少女シリーズ

夢見る少女26歳

私もはじめてみるタイプでした。さすがに職場の上司に面と向かってねむいんだもんは言わないと思うのですがいかがでしょうか。

夢見る少女26歳~ねむい~

とにかく眠かったんだな、うんうん。

 

「なるほど君」「35歳の彼」「夢見る少女」がこのときのビッグ3でした。

ビッグ3の総括記事→ビッグ3まとめ

今思えばこのビッグ3はブログネタにかなり貢献してくれました。

 

マネーロボット47歳

俺の給料を上げてくれ

ロボット感が半端なかったです。

 

感情が見えにくい社員

機械仕掛けのありがとう

感情があまりみえないけど嫌いになれないんですよね。

 

みなさん名物社員シリーズまとめはどうでしたか?

私は思い返してみるとやっぱりいい思い出だったなと感じました。たぶんまた名物社員になる人材が現れてくると思うのでよく観察しておきたいと思います。^^

関連コンテンツ