セミリタイアの家計簿2020年8月




この記事は約2分で読めます。




2020年8月の家計簿

収入

妻収入132,686
私収入56,598

支出

住居費60,00031.70%
内食30,85516.30%
外食3900.21%
生活用品8,1314.30%
被服費00.00%
医療費62,20132.86%
交際費1,2600.67%
水道9,6275.09%
ガス3,7161.96%
電気6,0873.22%

※水道料金は偶数月支払い・その他一部省略

家計簿コメント

医療費が高額になっていますが妻が手術をしました。幸い術後も良好で安心しています。2020年7月は私が手術して翌月に妻が手術と年齢を重ねるとこういった費用も増えてくるかもしれません。

そうならないように健康をできるだけ長く保てるように努力します。それにしても高額療養費制度というのはありがたいですね。

2020年8月収支

収入189,284100.00%
支出204,876108.24%
収支-15,592-8.24%

マイナス8%の結果になりました。やっぱり手取り20万ないとなかなか安定したプラス推移にはなりにくいですね。

完全リタイアに向けて労働収入2000万稼ぐまでの道

2020年1月にシミュレーションしてあと2000万稼ぐことができれば完全リタイアできると考えています。ここではその達成率を記録していきます。(2000万貯めるではなく稼ぐだけです)

収入残額達成率
2020年1月195,12019,804,8800.98%
2020年2月170,12619,634,7541.83%
2020年3月202,12419,432,6302.84%
2020年4月197,58519,235,0453.82%
2020年5月193,64919,041,3964.79%
2020年6月239,05418,802,3425.99%
2020年7月190,40218,611,9406.94%
2020年8月189,28418,422,6567.89%

目指せローコストで豊かな生活

コメント

  1. ヒロヒロ より:

    こんにちは

    いつも拝見させて頂いています。
    セミリタイアまでが5000万としますと、完全リタイアは7000万円ぐらいでしょうか?

    • ヒロヒロさん
      いつもブログを見て頂きありがとうございます。
      生活費が年240万程度なら7000万で完全リタイアできると思います。

      記事中の「完全リタイアに向けて労働収入2000万稼ぐまでの道」については2000万稼ぐ期間を考慮すると8~10年はかかるので寿命までの生活費が圧縮されるという意味合いですね。
      だから仮にセミリタイア資金が5000万とするならば8~10年後も同額ということになります。

      • 匿名 より:

        さっそくありがとうございます^_^

        とても明快で、スッキリしました。僕も45歳でリタイアを目指しています。その後は家族で世界旅行したいと思っています^_^

タイトルとURLをコピーしました