2017年12月セミリタイアの家計簿

この記事は約3分で読めます。

2017年12月も何とか黒字を維持することができました。

妻の給料なんですが契約時はボーナスなしということを聞いていたのですが理由はわかりませんが支給されたことにより通常の収入よりも若干多くなっています。

セミリタイアをしてからの家計簿はまだ2か月目なのですが想定していたよりもお金は出ていかないのかもと感じてきています。

 

2017年12月の収入

収入171,292
0

ボーナスが37863円支給されたので妻の収入は171292円となりました。これぐらい毎月あればかなり助かるんですけど贅沢は言えません。約2か月でこのボーナス額なので今年の6月には10万超えるんじゃないと期待してしまいます。

私はまだ働いていないので収入はゼロです。今年は途中から働こうと考えているので毎月5万ぐらいは稼くことができるようにがんばりたいです。

 

2017年12月の支出

家賃家賃60,000
食費食費13,031
外食3,196
生活用品日用・消耗品4,580
被服費衣類0
医療費医療費0
交際費交際費2,969
光熱費水道7,520
ガス8,143
電気9,633

大きな支出と大きく変動する部分というのは表示されているものになりますので今月からここの部分の考察をしていこうと思います。

家賃についてはいつも通りデカイです。騒音のこともあるので賃貸一戸建ての良い物件があれば引っ越すかもしれません。

関連記事セミリタイア元年を吹き飛ばす騒音トラブル

 

食費についてはほぼ想定通りに収まりました。ふるさと納税で肉を選んだのでしばらく肉は買わないでいいので今月来月あたりは同じぐらいになると考えています。食費の中で単価がはるのはやっぱり肉系ですね。

あと今年から買い物は基本的に火・金に行こうかなと考えています。よっぽどお買い得なものがあれば別日にも行きますが時間を有効に使うために曜日を決めたほうがいいのかと感じました。

外食の部分は主に優待外食の端数ですが貯まると案外いくもんですね。

 

光熱費では電気代が気になりますね。基本寒いので1日家にいることが多かったのでずっとエアコンをつけていました。1月は1万は超えてくるでしょう。これはしょうがないのかなと考えています。

ただ今年は近くの大学が一般解放しているところがあるのでちょくちょく行くかもしれません。あとジムに週2~3回いこうと思っているので多少電気代は抑えることができるかな。

 

2017年12月の収支

収入171,292100.00%
支出130,15375.98%
収支41,13924.02%

約4万の黒字となりました。

今月以降も際立って節約を行ったり、支出を抑えていこうとは考えていませんが日常生活の中でより有効に時間を使えて節約につながるのなら実行していこうと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました