セミリタイア後の健康保険はこれが一番お得

セミリタイア

セミリタイアしたら、退職したら社会保険を任意継続するか、国民健康保険に切り替える手続きが必要です。ケースバイケースなのでどちらがお得なのかはわかりませんがこの2つの方法以外にもっとお得な方法があります。

関連記事会社を退職後の手続きのまとめ

 

 



 

退職後のもっともお得な健康保険は扶養に入ること

扶養してくれる人がいることが前提ですがこれがもっともお得です。社会保険を任意継続するにしても給料が高ければそれなりに保険料は高いですし、国民健康保険になれば世帯収入になりますので一般的には社会保険よりも保険料は高くなるのではないでしょうか。

ただ先ほども言いましたがケースバイケースなので自分の状況をしっかりと把握しておくことが大切です。

 

失業保険が3612円以上だと扶養に入ることができません

自己都合退職の場合は失業保険が支給されるまでに3か月の待期期間があるのでこの間は扶養に入ることができます。失業給付金は年齢、勤続年数、直近6か月の給料によって決まりますがこの金額が日額3612円以上だと扶養には入ることができません。

扶養に入るためには今後の収入見込みが130万未満であることが条件となります。この収入見込み額には失業保険の給付も含まれます。年間130万を日額に換算すると3612円となるのでこの金額を超える場合は健康保険の扶養に入ることができないということです。

130万÷12か月=108333円

3612円×30日=108360円 > 108333円

でも人によっては支給日数が違うから累計額が130万未満の人もいるからそういう場合はどうなるのかと疑問に思う人もいるでしょう。結論からいって扶養には入れません。

なぜなら失業保険とは現在は失業中だけど再就職先を探しているという前提で給付されます。当然、失業保険を受け終わったあとに別の収入が発生するはずと考えることができるためです。

 

私の健康保険は国保→社保→国保→社保

国保(退職直後)→社保(扶養)

セミリタイア直後は私も妻も無職だったので国保となり妻が働き出してからは扶養に入ることができました。

ここからは私の仕事が決まるかどうかによって違いますが最悪仕事が決まらなければ次のようになります。

国保(退職直後)→社保(扶養)→国保(失業保険3612円以上)→社保(失業保険終了)

その都度手続きが必要ですが経済的に考えればこのパターンが一番お得になります。

関連コンテンツ