映画「君の膵臓を食べたい」は小説とは一味違います

ニュース/エンタメ/芸能/ドラマ

映画「君の膵臓を食べたい」を観賞してきました。単刀直入に言うととても素晴らしい映画だったと思います。私は小説を読んでいたのであらすじなどは事前に知っていましたが映像化されるとこうも印象が変わるのかと感じました。

 

 



 

小説の印象は特に目新しい展開もなく平凡なものだった

小説を読んだ時点ではそれほど素晴らしい作品だとは感じませんでした。人の死を境に目の前を一生懸命に生きるというありきたりの流れだったからです。この手のパターンは過去にも幾度も読んだことがあり定番だなあというのが読後の印象でした。

 

小説を実写化したときの素晴らしさはキャストで決まる!

だいたい小説の作品が映像化されるとがっかりすることが多いです。その理由として小説の場合は自分の中でイメージが出来上がっているのであまりに違和感のあるキャストだと見る気すらなくなってしまいます。

またキャストがイメージ通りでも今度は演技がなんかしっくりこないという場合もあります。そう考えるとなかなか自分の理想のキャストや演技を再現したものに出会えることはないわけです。

今回の「君の膵臓を食べたい」ではキャストや演技においてもピタッとくる感じがしました。特にあまり出番のなかった北川景子においては短い時間だったけど十二分に役を演じきったと感じました。

主役を演じた浜辺美波のかわいさが映画の前半分を占めました。ひとつひとつのしぐさがとても愛らしいんですよね。相手役の北村匠海も冴えない高校生としてうまかったと感じます。

そしてその冴えないキャラを引き継いだ小栗旬もうまかったなあ。小栗旬はドラマ「花より男子」のときよりも格段にいい俳優になっていますよね。

 

小説と映画ではラストが異なっています!

小説を忠実に映画化するものとラストを少し変更して作品を作り上げる場合があります。今回はラストが違った形で描かれていたのですが映画版のラストも自然な感じでとても好感が持てました。

もともとあるストーリーに変化を加えるということは物語全体のバランスを崩しかねないのであまり好きではないのですがこの映画ではすごく自然に流れていきます。

小説を読んだ人も映画を見てみてはいかがでしょうか。

 

関連コンテンツ