あなたのご家庭は小遣い制ですか?

家計簿

独身の場合と違って結婚された方はおおむね小遣い制を採用しているご家庭が多いと考えています。小遣い制にする利点は予算がきっちりと組めることですよね。予算が決まっていなければ家計管理がやりにくくなるからです。

DINKSの場合はどちらともに収入があるので生活費をお互いが出し合って残りは自分の好きなように使うという考えもありますが1馬力の場合は余程高収入でない限りそうはできないと感じます。

ちなみに我が家の小遣いは私、妻ともに各1万です。結婚当初は2万でしたが2万も必要ないと感じたので現在は1万となっています。

この小遣い制については夫婦のどちらかが家計管理をしていることが多いので管理されている側(一般的には奥さんが家計管理をしていることが多いのだろうか)が浪費家の場合はかなり効果があると思えます。そうでない場合はやりたいことが小遣い制のためにやりにくいという状況にもなりかねません。

これは小遣いの使用範囲をどこにするのかによって大きく変わるでしょう。お昼ご飯代も含めている家庭もあるようですがその場合はお昼ご飯代を上乗せして小遣いにしていると考えらえますがお昼ご飯代の予算ってどのぐらいにしているんでしょうね?間違っても多くは見積もっていないと想像できます。

・お小遣いの範囲を決める→適正なお小遣いを収入の範囲から決める

この流れが最も妥当な考え方だと感じます。我が家のお小遣いの範囲は、個人の趣味に充てられる部分のみとしています。食事代やスキルアップの為の費用などはお小遣いには含めていません。

私の場合ですと、本、個人的な交際費(オフ会など)ぐらいになるのかなと思われます。ほとんどお金を使うことはないので1万でも特に困ったことはありません。特に我が家の場合は私が家計管理をしていることもあって予算的に数字があるのですが毎月小遣いとして1万を自分の財布に入れたりはしていないんですよね。

個人的に1馬力の家庭は小遣い制が妥当な選択だと考えています。

 

たまに見かける主張が1馬力(夫の収入)で奥さんが家計管理をしている場合に何故自分の収入を自分で自由に使うことができないのかというものがありますがそう思うなら高収入になるか独身でいた方がいいでしょう。

小遣い制にしているのは家計管理者が妥当だと考える金額に落ち着きますがそれで満足できないということは収入が低いのでそこに資金を充てることができないからでしょう。旦那の小遣いを削って妻の満足度を上げたいという場合の削減は話になりませんがそこまで極端な家庭は少ないのではないでしょうか。もしそのようなことになっている場合は小遣い云々よりも夫婦関係を見直した方がいいでしょうね。

 

最後に小遣い制のメリットをもうひとつお伝えしておくと、使ってもいいというお金が決められていることでお金を使いやすくなることです。これは一般的ではないかもしれないけど特に私の場合は普段お金を使うということはほとんどないので小遣いというものがなければ下手をすれば全くお金を使わずに1年が終わってしまう可能性もあります。

これはこれで何となくもったいないとも感じるんですよね。だから自由に使ってもいいお金ということで小遣いがあると少しは目を外れせるのかなとも感じます。それでもお金を使わない習慣はなかなかなおりそうにもありません。

関連コンテンツ