木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方をつづけるのか?」 

マルクス資本論と金持ち父さん貧乏父さんの著者であるロバート・キヨサキの趣旨をわかりやすく説明してあります。特にマルクス資本論は通常は読み難いものでありますがこの本の中ではやさしく噛み砕いて書かれているので一読しておく価値はあるでしょう。

根本的な経済の流れどうやって商品の価値は決まるのか?またどうやって給料は決められているのか?そういうものがよく理解できる書籍だと思いました。

関連コンテンツ


シェアお願いします