高速道路で煽られたら最高速度以下で走行しよう

自分らしい生き方,

高速道路のパーキングエリアで注意をしたことを発端に高速道路本線で煽り運転をして追い越し車線に車を停止させたところにトラックが突っ込むという事故をニュースでみました。

この事故は注意したことをきっかけに起こりましたが特に何もしなくても煽られることがありますよね。1車線の場合はどうしようもありません。そこで1車線で煽られた場合に私はどうしているのかを書きます。

 

 



 

指定最高速度と法廷最高速度

最高速度といっても「指定最高速度」と「法廷最高速度」があります。簡単に説明すると指定法定速度は道路上にある標識のことを指します。法廷最高速度とはその名の通り法令で決められた最高速度です。

車両の種類 法定速度
一般道 高速道本線(対面通行区間を除く)
 

 

 

自動車

大型乗用自動車

普通乗用自動車

軽自動車

大型自動2輪車

普通自動2輪車

 

 

60km/h

 

 

100km/h

大型貨物自動車

大型特殊自動車

トレーラー

 

60km/h

 

80km/h

原付  30km/h
緊急自動車  80km/h  100km/h

ちなみに法廷最高速度はこのように規定されています。標識がない場合はこちらが最高速度となります。

以前から思っていたのですが高速道路ってほとんどの車は速度違反していると感じます。追い越し車線というのも何かしっくりきません。

 

高速道路の1車線で煽られたら最高速度以下で走行しています

私は高速道路に限らず一般道路でも最高速度を超えて走行することはありません。その理由のひとつとしては最高速度を超えて急がなければならない案件がないからです。また仕事や旅行にいくときも十分に時間に余裕を持った工程を組みます。

そもそも到着時間はあまり変わらないんじゃない?という意識が強いです。特に一般道路においては信号もあるのでスピードを出したからといっても到着時間はたいして変わりません。車の合間を縫って追い越していくドライバーがいますが信号待ちで追いつくことなんてしょっちゅうです。

2車線ある場合はどんどん追い越してもらえばいいので問題ありませんが1車線の場合だとそうはいきませんよね。一般的にいえば私はちんたら走行している部類に入るだろうから急いでいる人にとっては邪魔な存在です。

高速道路の1車線では私の車の後ろに10台以上列ができることも珍しくありません。

そんなときに煽られたらどうするか?

私の場合は最高速度以下で走行するようにしています。え?それって当たり前じゃないのかとお思いでしょうが先ほども申しましたように基本的に速度違反をしている車ばかりなので最高速度以下で走るということは逆に煽っているとも言えます。

私の中ではこれを「煽り返し」と呼んでいます。

事故を起こしたくて運転している人はいないのでこの「煽り返し」をすることで後続の車もみなしょうがないなと思ってくれていると感じます。

1車線から2車線になったときはごぼう抜きされます・・・。

たまに追い越しざまに睨んでくる人もいるのですが笑顔で対応しています!

関連コンテンツ