人生の黄金期を味わい尽くしたい




この記事は約2分で読めます。

あなたの人生の黄金期はいつですか?

「それは今」と答えることもできますが人生の黄金期を迎えるには健康・時間・お金がバランスよく整っていないと厳しいと考えています。

20代30代40代50代60代70代
健康×
時間×
お金×

上記表は健康・時間・お金を◎→○→△→×の順で年代別につけてみました。バランスよく配置されているのは40代になりますが将来的なことを考えるとお金の不安は若干残ると感じます。

私は45歳でセミリタイアしましたが健康・時間・お金のバランスが取れている時期なので何かあってもリカバリーできる最後のチャンスが40代なのかなと思います。

20代・30代はどうしてもお金の部分が弱くなりますよね。健康・時間が十分であれどお金がないと経験できないことも多いでしょう。もちろん各年代でしか経験できないことがあるでしょうから良し悪しではないと思います。

続いて40代はまさに黄金期になりそうな感じがしますが、ここでも経済的な面の不安が払しょくされないのではないでしょうか。自分の寿命が60歳だとラストスパートをかける時期ですが寿命がわからない以上は多少の経済的余裕をみておきたくなるのが心情でしょう。

50代・60代は健康・時間に不安を覚えるかもしれませんが40代~50代にしっかりと健康管理をして体を鍛えておけば問題なく過ごせると考えています。体力面から言えばこの年代が人生の黄金期を迎える最後になるでしょう。

70代は余生ですね。何かを楽しむというよりも穏やかに過ごせたらいいなと考えています。

さて以上のようなことを何となく考えていたんですが私の黄金期は55~64歳の10年間と考えています。

その理由として経済的な不安が払しょくされていると考えているからです。また体力や気力も多少は衰えているかもしれませんが自分が楽しみたいと考えている妻との旅行は十分できると思います。

常に今が黄金期という考え方はとても良いと思うのですが現実的に考えると黄金期を体験する時間は限られているのではないでしょうか。

そして黄金期を迎えたのなら存分に楽しみたいですよね。準備を怠らないようにしていきたいと思います。

あなたの人生の黄金期はいつですか?

コメント

  1. 人生の黄金期である40代~50代を仕事のみに忙殺される人生はあまりに勿体ない時間の使い方ですよね。
    客観的に見ても、70代以上の方は明らかに余生ですね。皆さん口を揃えて、若いころは体の自由がきいて良かったと言っておられますから。
    死んだ後の通帳残高がいかに沢山あろうが、全くの無意味です。
    幸か不幸か、我々リタイア人はそんな当たり前の事に気が付いてしまったんですよねぇ。

    • 山中一人さん
      当たり前のこと・・・ほんとそうなんですよね。
      セミリタイアしてしまったらもう以前のような労働主体の生き方はできなくなると思います。

  2. 見知らぬ男 より:

    激しく同意します。
    最近、健康と時間が確実に減っていくことを自覚しています。
    健康と時間を有意義に使いたいと考え始めています。

    • 見知らぬ男さん
      時間は何もせずとも減っていきますから、意識していないとあっという間になくなってしまいますよね。
      お互いいい時間を過ごせるようにしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました