配当金戦略は米国株よりも日本株




ツイッターを見ていると米国株の情報をよく目にするようになりました。数年前はほとんど目にしなかった感じがしますが2018年6月現在では投資するなら米国株一択というブロガーもいます。

米国株を推す理由として人口増加と高配当そして成長性を主軸とした主張をよくみるのですがどれも理にかなっていると思うのですが果たして日本で生活することが大半の日本人に適しているのでしょうか?

 







米国は投資先として有望

米国は投資先としては有望なことは間違いありません。それゆえに私も資産運用の中心はeMaxis slim先進国株式を選択しています。米国の比率は約60%なのでほぼ米国頼みといっても過言ではありません。

とはいえ、米国のみの集中投資で良いか?というと疑問は残ります。やはり集中投資は避けるべきだと考えているので無難な投資先を選んでいます。

少し前までは米国株への投資はハードルが高かったですが今では各証券会社からすんなりと購入することができます。投資デビューが米国株という投資家もいるのではないでしょうか。

投資先としては文句なしの米国株ですが配当金戦略では日本株も妙味があると考えています。

 

米国株における配当金のデメリット

配当金は円転しなければならない

米国株への投資をする場合は基本的に日本円を米ドルに交換して購入する必要があります。そして米ドルベースで資産は管理されるので配当金においても米ドルで入金されます。

米ドルで入金されたものを米ドルでそのまま使用できる環境であれば問題ありませんが日本で生活しているうちは米ドルから日本円にまた戻さなければなりません。

この米ドルから日本円にする(円転)という作業がとても煩わしいと感じます。単に円転して問題なければいいのですが現在の税制では為替差益を考慮することになっているので雑所得として申告しなければなりません。

米ドルの配当金についてはこちら⇨配当金を円貨決済できるのなら米国株はあり

 

為替の変動に注意

また識者の間では将来は円安予想が大半を占めているようですが本当にそうでしょうか?1ドル200円という予想もありますが私も10年以上投資をしてきてFXもしてきたことからある程度為替のことも理解しているつもりです。

特に根拠はありませんが円安は進んでも130円程度ではないんでしょうか?もちろこの逆の場合で70円とかもあり得るでしょう。

そうすると一概に年間配当金が1000ドルとは言っても為替によって大きく違ってきますよね。もちろん円安になるまで米ドルのまま保有しておくというのもひとつの方法ではありますがそうすれば為替差益の問題が出てきます。

 

米国株に投資すると税金は30%

そして税金の問題もあります。簡略化しますが米国で10%、日本で20%の税金がかかりますので米国株に投資する場合は合計30%の税金がかかることになります。この30%という数字はいくら配当利回りが高いと言われる米国株でもパフォーマンスをかなり押し下げますね。

確定申告において一部の税金を取り戻すことはできますが、その手間や時間を考慮するとデメリットの方が大きいように感じます。

 

これらの理由を考慮すると日本株も捨てたものではないと考えています。

 

配当金戦略を日本株で行う場合の注意点

上記のような理由で私は配当金戦略をする場合は米国株よりも日本株の方が良いと考えていますがいくつか注意点があります。

 

資産全体で日本株の割合を大きくし過ぎない

配当金戦略を日本株で行う場合は配当利回りはおおよそ3.5%が目安になると考えらえます。仮に年間100万(税引き後)の配当金を得ようとすれば3500万の資金が必要です。

3500万×3.5%=122.5万(税引き後98万)

全資産が1億あれば日本株の割合は35%になるので許容範囲でしょう。しかし資産が5000万の場合だと70%になってしまうのでリスクが大きすぎると感じます。

 

資産形成時は税金を繰り延べるが得策

配当金があるということは必然的に税金を納めることになるので、資産運用の効率としては落ちます。資産を大きくする基本は税金を出来る限り繰り延べることだと考えているので配当金が大きくなればなるほど資産の伸びは鈍化するという形になります。

 

日本株の割合は30%以内に留めるべき

資産額にもよりますが5000万ぐらいまでは日本株の割合は30%以内にしておいた方が無難だと考えています。日本株に投資をするということは必然的に日本に集中投資気味になるので安全な資産運用の観点から分散投資を気に掛けておきたいです。

 

当ブログの配当金戦略の方針

年間配当金100万を目指すと資産がおおきく偏ってしまいます。また税金のことを考慮するとあまり多くの配当金を得ることは得策ではないとも思いますので当ブログでは年間配当金50万を目標としています。

ただこれはあくまで目標であって何が何でも達成しようとは考えていません。リスク資産の運用はeMaxis slim先進国株式100%でもいいと考えているからです。

しかし配当金があることによって普段の生活にゆとりがでることも実感しているので、できるなら目標を達成できればいいなと思います。

資金の投入も正社員として働いていた頃みたいにはできないので年間30~50万の資金投入できるようにがんばってアルバイトに励みたいです。