日経平均株価底値近し!? PER12倍に注目!




相場の下落局面で誰しも気になるのが底がどこなのか?ということですよね。テクニカルチャートやあらゆる情報を分析しても今後の株価推移は誰にもわかりません。とはいえ、過去データからはある程度相場の底が見えるのではないでしょうか。

※日経平均株価AI予想

こちらはアベノミクス初期からの日経平均と日経平均PERのチャートですがアベノミクス初期のいわゆる稲妻が輝く瞬間を除けば日経平均PERは12~17倍に収まっているのがわかります。

 

PERその他指標についてはこちらにまとめ記事があります。

日本一やさしい株の学校 書評4~投資判断を促す指標~
実際に株を購入するときには数千ある企業の中から選ばなければなりませんが、ひとつずつ企業の決算書を見ていくわけにもいきません。そこで投資判断を促す指標を活用することになります。 ある一定の条件で企業を選出する作業をスクリーニング...

 

PERを簡単に説明すると数値が安い時に買って高い時に売ればということになります。日経平均株価においてはPER12倍が買い時、PER17倍が売り時ということになります。

 

※日経平均株価AI予想

今度は直近1年の日経平均と日経平均PERのチャートです。2018年10月26日の日経平均株価終値のPERは12.37倍です。この状況から日経平均株価の底値は近いのではないかと予測します。

ちなみに似鳥会長の2018年末の日経平均株価予想は19500円ということなのでまたまた当たってしまうかもしれません(笑)

 

私の日本株ストーリーはこちらです。アノマリーもありますが今年は10月買いがピタッとはまるんじゃないでしょうか。

日本株の2020年東京オリンピックまでのストーリー
私は2018年に入ってから日本株の割合を増やしてきました。2018年8月の時点で資産の約20%が日本株となっています。配当金を増やしたいという欲望があったのですがある程度自分の選択した銘柄を保有したときに、大きく値上がりする銘柄もあるんだな...

コメント