映画 パラサイト 半地下の家族レビュー




この記事は約2分で読めます。

結構話題だったので楽しみにみたけど結局何が言いたいのかよくわからなかった。見た後にネットで調べてみたけど格差社会のことを描いた映画だったようですね。

前半は半地下家族が富裕層の家庭にどんどん雇用されていくストーリーなんだけどうまく行きすぎやろって思ってしまいました。いくら映画だからってあまりにもずさん過ぎる気がしたんだけどどうなんだろう。

後半は豪邸の地下にひっそり人が住んでいたり、最後にはパーティー会場で殺人事件があるんだけどピンときませんでしたね。

やっぱりお国柄がわからないとピンとこないような内容なのかもしれません。

日本でも格差社会と言われてかなり経ちますがこの映画のような格差はまだまだ感じられません。そう考えると日本は本当に恵まれた国なんだと感じます。

日本のようにセーフティーネットがある国が世界にどのぐらいあるかわからないけど、自助努力だけでやっていこうとするとかなり厳しいですよね。

ただコロナの影響で日本でも格差はかなり開いてくるような気もします。格差って資本主義の場合はいわばお金の量ですから、お金を増やせない人はどんどん底辺に向かっていき、お金を増やせる人はどんどん上にいきそうです。

一億総中流社会と呼ばれていたころもありますが、今後はそういった意識も持てない状況になる人がどんどんでてくる可能性はありそうですね。

できる対策はしておきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました