資産推移(2013.06)

資産運用, 資産運用記録

少し早いですが半期に一度の決算をしてしまいました。今回からは資産推移を新たな形で記録していくことにしました。とはいっても名目等が自分の中で変わっただけで大まかに変わったわけではありません。前回2012年12月と変更になっている部分は「資産形成の達人ファンド」「豪ドルMMF」を売却したことです。以前はある程度商品ごとに分けていましたがこれからは用途別で管理していこうと考えています。今回はその最初なので各項目を記しておこうと思います。
「流動性資産」各銀行預金・日本国債変動10年
「リタイア資産」日本個別株・セゾングローバルバランスファンド・ジャナスハイイールド・FX・米ドルMMF
「老後資産」豪ドルAHL・FPI×2本(満期2031.05.07・2034.10.22)
上記の様な形で記録していきます。それでは2013年6月の決算です。

各資産の推移ですが概ね右肩上がりで順調に伸びています。

次に総資産ですが各資産が伸びているので当たり前ですがこちらも右肩上がりです。2012年12月から2013年に6月に大きく伸びているのは円安の影響が大きいですね。今年の12月はひょっとすると大台に到達するかもしれないと考えています。

各資産の比率ですが「老後資産」はまだまだ先なので「流動性資産」「リタイア資産」を伸ばしていこうと考えています。現在は米ドルMMFを保有していますが課税されるまでに売却予定であります。またemaxis全世界株式インデックスの積立を増やそうかと検討中です。

最後に半期および年間の伸び率です。前回記録の値を基準として算出していますがここでも円安効果が表れてすごい数字になっています。去年の年末に今年は10%の伸び率は厳しいかもと考えていましたがこうして数字でみると安心しますね。
今後の運用方針
・米ドルMMFの売却
・emaxis全世界株式インデックスの積立検討
以上を年末までに考えておきたいと思います。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール