資産推移(2012.12.16)

資産運用, 資産運用記録

今日は半期に一度の資産推移の確認と年間の考察をしていきます。

・流動性資産についてですがこちらは個別株を売却したこともあり増加していますが徐々にリスク資産に配分予定なので徐々に低下してくると考えています。目標は資産全体の30%としていますが実際に生活している中で感じていることは20%ぐらいでもいけそうだなと思えてきました。
・個別株式については一旦利確を進めている状態です。コーヒー優待目的のドトール・使用頻度の高いイオンのみを残して徐々に利益が出たものから売却予定です。今年は個別株の売却で約50万の私にとって大きな利益を生み出すことができて満足できるものでした。
・投資信託は円安の影響が大きく含み益が出てきていますが本音をいうと後5年ぐらいは仕込み時期として低迷してほしいなというのがありますがドルコスト平均法の威力を感じてます。ほとんどログインすらしない状態でいますので特に何もなしです。
・FX、MMFですがFXの方は資金を集中してやっていこうとしていた矢先に円安になりトラリピはほぼ完売状態です。引き続き裁量トレードは止めてトラリピに集中していこうと考えています。MMFですがこちらはドルコスト平均法でぼちぼち購入しているので特に何もありませんがやはりこちらも円安の影響で含み益がでているのはうれしいですね。
・海外ファンドは予定通り1250USDから750USDに積立額を変更しました。こちらは老後の退職金と考えて運用しているのでのんびり構えていきたいです。
☆総括☆
今年は資産の点でいえば結婚したことにより妻の資産+祝い金が含まれており大幅な増加となりました。前年の12月の資産を起点として42%の増加です。上記の妻の資産+祝い金を除いても31%の増加でとても満足のいく1年間でした。ただ今年は現時点で円安ということもあり大きな躍進の要因となっていますので来年はもう少し増加が減るのかもしれません。毎年10%の増加を目標としていますが母体が大きくなってきた分さすがに来年は無理なのかなあと感じますがそれでも目標としては掲げておきたいですね。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール