異物混入

仕事・働き方

最近ではあまり報道されていませんが少し前はとにかく「異物混入」のことが多く耳に入りました。
製造過程で混入したのか? 製造後どこかで混入したのか? はたまた故意に混入させたのか? いづれかわかりませんが比率的に一番多いのはやはり製造過程でしょうか。どこのメーカーも何重にもチェック体制をして万全の態勢で作業を行っていると思いますがゼロになることはないようです。
しかし報道されてしまうとそのメーカーのイメージダウンは確実であり商品の売れ行きも下がってしまうでしょう。故意に異物を混入させることは絶対にしてはいけないことですが不慮の事故として起こるものに対してあまりに世間は厳しすぎる気がします。
仕事柄わかるのですがどうしようもないことってやっぱりあるんです。そして防ぎきれないこともどうしても出てきます。
提供する側は異物混入だけではなく様々な問題が起こらないように配慮しているはずですが、そのことはあまり評価はされませんね。もちろん事故が起こった場合は評価されにくいと思います。報道側もここまでしていたんなら仕方ないということは言いません。それよりも重箱の隅をつつくようにあれやこれやと指摘してきます。
致命的な問題は改善対象としてあがるべきですが、不慮の事故については少しぐらい提供側に配慮してあげてもいいと思います。
ps とはいうものの時間が経てば何事もなかったかのように事故が起きた商品を購入する日本気質はありますね。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール