受け取り方

仕事・働き方

「指導」と「怒る」の区別はつきにくいだろうか?
その昔、裁判になりそうになった事件がありました。
上司は部下に「指導」したと言い、部下は上司に「怒られた」という。指導するのと感情のままに怒るのとでは大違いですよね。もちろんこれは1回こっきりのことではなく何度も同じようなことが繰り返されていました。私も近くにいましたが最初の方が「指導」しているように見えましたが最後の方は感情面が強く出過ぎていたような気がします。
今ではコンプライアンスに気を付けるというのが自己防衛を含めて当たり前になっていますが少し前はそこまで配慮されていなかったのでこういうやり取りはしばしば見かけました。
そもそも「指導」するというのは、落ち着いた口調で相手に配慮して理論的に説明することだろうと考えます。
「怒る」というのは感情のまま突っ走ってしまうことでしょう。
この一件以来、私は感情に任せて物言うことをしないようにと心に決めました。特に会社では感情に任せて発言するとロクなことがないです。
指導しているようで怒っていることはありませんか?
少し立ち止まって考えてみてもいいかもしれません。
ps その後、部下の人は別件で会社と裁判を起こそうとしましたがその前に会社がお金で解決しました。
   今だからいうけど、ほんとどうしようもない人だったなあ。 

関連コンテンツ


Posted by クロスパール