資産推移2015年6月

資産運用, 資産運用記録

年に2回しかしませんが現在の資産状況を確認します。
2014年12月の金融商品は以下の通りでした。

「流動性資産」
各銀行預金・日本国債変動10年
「リタイア資産」
日本個別株・日本株式インデックスe・ニッセイ外国株式インデックスファンド・eMAXIS新興国株式インデックス
「老後資産」
豪ドルAHL・FPI×2本

次に現在の金融商品です。

「流動性資産」
各銀行預金・日本国債変動10年
「リタイア資産」
日本個別株・日本株式インデックスe・ニッセイTOPIXインデックスファンド・ニッセイ外国株式インデックスファンド・eMAXIS新興国株式インデックス
「老後資産」
FPI×2本

2015年に入ってから豪ドルAHLを売却しました。オフショアファンド解約完了
日本株式インデックスeからニッセイTOPIXインデックスファンドに積立投信を変更しました。
日本個別株としてヤマダ電機(9831)を購入しました。
変更点は以上になりますね。自分の中でこちらのカテゴリに入れていなかったFXを中止したのが一番大きい変更だったかもしれません。やはりレバレッジをかけた投資は資産形成には向かない、少なくとも自分にとってはそう感じました。
それでは2015年6月の決算です。

リタイア資産が大きく伸びました。これは投信積立の効果もあるのですが各ファンド共に成長しているようです。ちなみにリタイア資産の変動額(2015年6月時点-2014年12月時点)は約+150万(積立原資除く)でした。私にとってはかなり大きな数字です。やはり原資がある程度大きくなると%の数字は小さくても十分な絶対額になるなというのを実感できました。
老後資産と流動性資産が逆転していますがこれは先ほどのオフショアファンドを売却したものがそのまま移行したからです。
次に半期の伸び率です。

オフショアファンド売却で少しいびつですが6.19%の伸びとなっています。これなら今年も年間10%という数字に届くかもしれませんね。
(総評)
一言でいうと「順調」です。金融商品も落ち着いてきたしローコスト生活も安定してきたので特に変化というものが今後少なくなっていくような気がします。ただただこれからも健康で働き投信積立を実行していきたいなと思います。
(正直この資産推移という記事もいらんような気がしてきましたが・・・はてさて)

関連コンテンツ


Posted by クロスパール