発掘率40%の平城宮跡に行ってきました

ぶらり旅&グルメ

平城宮跡は一度旅行の時にちらっとみかけたことがあったのですがじっくり観光するのは初めてでした。そもそもたいしたもん何もないやろと思っていたのです。今回初めて観光して目玉となる遺跡や文化遺産があるというわけではありませんが当時の風景が少しわかった気がしました。

広大な敷地にぽつんとでっかくそびえたっている平城宮です。もちろん当時のものではなく観光用に再現されたものです。

 

かなりどでかい建造物です。中には平城宮の成り立ちや建物の説明などがあります。昔の建造物をみて思うのは本当に素晴らしい技術だったんだなあということです。

 

こちらは平城宮の対面にある朱雀門です。対面と言っても直線距離で1kmは離れていいるんじゃないかと思います。こちらもデカいです。

 

敷地内にはところどころにこのような柱の形をした植木があるのですがこれは実際に柱があったところだそうです。これをみて当時の様子を思い浮かべてもらおうということみたいです。

 

おっと、柱の陰から森の妖精を発見しました。

 

平城宮跡に行ったらまずこの資料館を訪れましょう。スタンプラリーを開催しているのでスタンプをそろえると粗品がもらえますよ!

 

こちらがその粗品です。A4サイズのクリアファイルですが非売品ということでちょっと優越感があります。

スタンプラリーを歩いてこなそうと思えばだいたい2時間ぐらい(観光含む)は見ておいた方がいいです。要所要所に駐車場があるので車で移動して戻ってきてもいいかもしれませんね。

何もないと思っていた平城宮跡ですがやっぱり実際に見に行って良かったなと思いました。

 

鹿男あをによし (幻冬舎文庫)

関連コンテンツ