2018年からは積立NISAに移行予定

資産運用, 資産運用方針

来年2018年から積立NISAが始まりますが、現行NISAとの併用は不可ということは決まっているようです。おそらくここは変更ないだろうからどちらかを選ばないといけません。

そこで私は現行NISAから積立NISAに移行しようと考えています。

 

 



 

注意点1 現行NISAと積立NISAの併用不可

この併用不可ということで現行NISAで保有している株式等はどうなるのか?ということが気になります。SBI証券の説明ページによると現行NISAから積立NISAへのロールオーバーは不可ということなので特定口座に移行するという形になると思われます。

そうなると利益の出ているものは売却しておいた方が良い場合が出てきますよね。私は現行NISAはすべて「たわらノーロード先進国株式」にしているので一旦売却する予定でいます。

ただし注意書きに「つみたてNISAを選択された方も、現在のNISA口座での預り(商品)は買付から5年間は非課税として扱うことができます」とあります。

参照:SBI証券 積立NISA資料

 

注意点2 積立NISAで選択できる商品は不明

現状、積立NISAで選択できる商品は不明のようです。

注意書きには「一定の指数に連動するもののほか、手数料や信託期間、純資産等について一定の条件を満たした商品になります」とあります。ツイッターなどで積立NISAの情報をみていると概ねインデックス投資信託は採用されそうです。

 

注意点3 2018年NISA口座開設にはマイナンバー必須

以前は住民票の提出でしたが2018年よりマイナンバーに1本化されることになりました。現状NISA口座を開設している人はマイナンバーを提出しておきましょう。

 

私の積立NISA活用の流れ

私は現在NISA口座はカブドットコム証券にありますので基本的にはSBI証券に移管しようと考えています。もともとはSBI証券で開設していたのですが「たわらノーロード先進国株式」がSBI投信マイレージポイントに該当しないというアナウンスがあったときにカブドットコム証券に移管したんですよね。(現在はたわらノーロード先進国株式はSBI投信マイレージポイントは付与されます)

SBI証券では現行NISAでも投信マイレージポイントは付与されているようなので、おそらく積立NISAになっても付与される確率が高いです。そうなればカブドットコム証券からSBI証券に移管させるつもりです。

ただ選択できる商品が現在のところ不明なので、例えば自分が保有したいようなETFを選ぶことができるのならそのままカブドットコム証券で取引するかもしれません。

いずれにせよ、正式なアナウンスが出れば再度検討することにします。

 

関連コンテンツ