会社の○○周年行事に参加してきてリタイアへの決意を新たにする

仕事・働き方

%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab

先日、会社の○○周年行事があるということで東京まで行ってきました。会場となるのは誰でも知っているであろう某有名ホテルです。

総勢300名の参加者が集合していました。

この会社に入社して十数年になりますが入社当時にお世話になった人ともあえて少し懐かしくもあり、その容姿の変貌に驚きもしました。

内容としては会社創立から現在までの歴史を振り返り、その後食事というものでした。歴史を振り返り創業当時から会社に属している人が壇上でスピーチをするのですが言うことはほぼ同じで「この会社に入れて良かった」「ここまで大きくなるとは思わなかったので感慨深い」といった内容のものです。創業当時からいた人にとってはそうなんだろうなと思いました。

 

この行事に参加してリタイアを強く意識したことが3つあります。

 

全員で協力して会社の利益を伸ばしていきましょう!

正直、?が頭の中で連発しました。会社の利益ってそれは末端の私たちのようなものにはほとんど関係ないですよ。もちろん会社が傾くぐらい業績が悪化してもらっても困るけど程々でいいよと思いました。しかもその場の雰囲気がそうしないとダメなんだというのを醸し出していて一種の宗教か?と感じました。

 



 

社員は家族

いや、ありえんやろ。ほんまにそう思っているんやったら現状の待遇はどう考えてもおかしいやろ。給料、人事、退職金などその他もろもろもっと改善できるところなんぼでもありませっせ。家族って助け合うものだと思うんだけど、困っても絶対に助けてくれることはないと思います。

参考記事

//crosspearl.com/taishokukin

まだ働かないとダメなの?

勤続30年以上表彰というのがあったんだけど、だいたい55歳以上なのね。一番上で64歳だったかな。心の中でそんなにまで働かんとあかんの?って思ってしまいました。しかもその人たちを見る限り全然楽しそうじゃないんです。なんかレールがあるからそのレールに乗ってきましたみたいな人ばっかりだった。

リタイアの決意を新たにする

こんな感じでさらにリタイアへの意識を強くしました。

でもよく考えたらリタイアするということが一般的ではないので、こういうことに違和感を感じない人の方が大多数なんだろうなと思ったりもしました。だから日本の会社って成り立っていけるんだよね。

関連コンテンツ