リーマンショック級(-50%)の下落がきても売らない銘柄を保有するべき




ツイッターやブログを見ていて「リーマンショック級(-50%)の下落がきても売らない銘柄を保有するべき」というのがありましたが難しいかなという印象が強いですね。

推測ですがこういった主張をする人はリーマンショック級(-50%)の下落を経験したことがないのでは?と感じます。

理論で言えばその通りなんですよ。しかしいざ大幅な下落が始まると理論がどうというよりもメンタルが最優先されると思います。




暴落相場とはこういうものです

YahooファイナンスUS S&Pチャート

リーマンショック前の最高値と最低値を赤線で結んでいます。約1年半かけて下落があるのですがよく見て欲しいのは青線のジグザクです。別に一直線に下がっているというわけではないですよね。

ここが暴落相場のポイントなんです。つまり下がってもちょっと上がるとメンタル的に「助かった」「大丈夫だった」と感じてしまうんです。しかし徐々に切り下がっていき、一気にクラッシュが起こります。いわゆる投げ売り、ろうばい売りが集中します。

そして高値の同水準に戻るのは約5年半後というわけです。この間にもジグザグに動くわけですからメンタル的にはかなり落ち着きません。

リーマンショック級(-50%)の下落対策

平時からの現金確保

最も効果があると考えられるのが現金の確保です。ただ下落が始まってからリスク資産を現金に戻すというのはかなり難しいので平時から一定の現金は確保しておくことが重要です。

現金をいくら確保しておくのかは個々の状況により違ってきますが、私が考えるのは生活費の5年分を確保しておけば十分だと考えています。リーマンショックからの回復は5年程度要したということもありますが、仮にもっと長引いたとしてもその間に何も対策しないということではないでしょう。

また現金を平時から多く確保しておくと機会損失やインフレによる目減りするという意見もありますがリスク資産を多くして〇〇ショックで一発退場するよりもはるかに良いと思います。

下落しだしたらリスク資産から現金に戻すはかなり高難度

こういう意見も最近はよく聞くようになりました。リーマンショック以降に投資を始めた人がかなり増えてきたからでしょうか。これはできそうで出来ないパターンだと感じますね。

まず下落の始まりがわからないということ。あとからチャートをみれば「ああ、ここが下落の始まりだったんだな」というのはわかるんですが現在進行形の渦中にいるときはまったくわかりません。わかった時にはもうかなり下落してしまっていたという状況でしょう。

またそういうことがわかっているのなら、空売りすることで利益が出ますから問題ないですよね。つまりトレードセンスのある投資家はいいんだけど、凡庸な投資家はあらかじめ現金を確保することが無難であり、生き残る手段だということです。

暴落相場ではすべてのリスク資産が下落

暴落相場では下落率の違いはあるにせよ、すべてのリスク資産が下落します。これを想定して資産運用していかなければならないんですけど、ここ数年またはリーマンショック後から投資を始めた投資家は暴落相場を経験していないので経験不足は否めません。

経験不足を埋めるために知識を得ることは大切ですが、やはり実体験として自分の感情があるのとシミュレーションとでは大きな違いがあります。こればかりは体験してみないとわかりません。

経験が浅い投資家がリーマンショック級(-50%)の下落に対する備え

ひとつは冒頭でも書いた「現金確保」です。5年分の生活費というのは気持ちに余裕を与えてくれます。もうひとつはキャッシュフローの確保です。平たく言うと労働を継続していくということですね。

暴落といっても永遠に下がり続けることはありません。5年か10年か20年かわかりませんがいずれは上昇する局面が訪れるでしょう。その状況になるまで生活費を賄えるキャッシュフローがあればリスク資産に頼らなくても問題ありません。

最後にもう一度いいますが、どうしても経験不足というのは知識やシミュレーションをしても抗えない部分なんですよね。だから自分が考えている以上に悲観的に考えておく方がいいと思います。

資産運用を始めてみたい方はこちらをご覧ください⇒資産運用の始め方トップページ

関連記事

コメント

  1. 八百祢 より:

    とても参考になりました!
    ボクも投資経験が浅く、暴落の経験もありません(´・ω・`)
    ボクの場合は現金比率が高いので今のところは大丈夫かと思っています。
    ですが悩みもあって、どれくらいリスク資産に振っていけるかなのです。
    今のところ半分くらいはリスク資産にしようかとコツコツ投資しています。

    • 八百祢さん
      投資方法や資金投入は個々によって違うので何とも言えませんが、私はリスク資産に投入できる資金は5年間で投入していけばそれほど大けがしないと考えています。
      もちろん投入するリスク資産は先進国株式や全世界株式といったものになりますが、5年程度が丁度良いのではないでしょうか。
      それにカウチポートフォリオにするならそれほど心配はいらないと思います。

タイトルとURLをコピーしました