生活費を稼ぐことができるのであれば現金は最低限でいいかもしれない




「生活防衛資金」という言葉は投資をしている人なら一度は聞いたことがあるでしょう。私もこの資金について名目上準備したり、なくしたりと試行錯誤していたことがあります。

現在では「生活防衛資金」という名目では資産管理しておらず、無リスク資産としています。無リスク資産とは私の資産管理の定義では預貯金としているので資産は「現金」と「リスク資産」ということになります。

関連記事資産運用記録2017年12月

さてこの現金なのですが生活費を稼ぐことができれば最低限でいいのではと感じることがあります。

 







生活費を稼ぐことができるという前提は不安定

生活費とはその名の通り生活する為に必要なお金ですが、私の場合は年間220万を想定しています。この中には突発的な費用(例えば家電製品、自動車など)は含まれていません。

現状の生活状況から想定できる費用を算出しています。だからこの生活費というものから貯金をする余裕は考えていないということです。

関連記事鳥取に移住して14年ぶりに家賃を支払ったら毎月赤字

生活費を稼ぐとは労働で収入を得るということなのですが現状は赤字状態を予測しています。ただ私も少しは働こうと考えているのでプラスマイナスゼロにはしたいと思います。

労働をする為には健康は最重要課題になります。健康で働ける体があるうちは大丈夫でしょうが体調が悪くなる場合もありますので「生活費を稼ぐことができる」という前提はかなり不安定な要素を含みますね。

だから生活防衛資金という考え方があるんだということは納得できます。

 

生活費を労働収入だけに頼るのは危険だが代替できるものは見当たらない

「生活費を安定的に稼ぐ」ということに関して労働収入のみ依存することはとても危険です。いわゆる収入の柱を増やそうという発想になるのですが労働以外に収入を生み出すということはとても難しいですよね。

実際私も全然できてません。

投資の収益を生活費に充てるというのがセミリタイアした場合は一般的になると思われますが投資においても不安定さはぬぐえません。

それでは労働収入以外に安定的に稼ぐことができるものは何かということになりますが正直思い当たらないのです。

 

生活費は分散して稼ぐ

安定性を重視すると労働で稼ぐことが最有力候補となります。しかし労働時間も大量に投入することになり自由度は低くなります。

また労働収入のみに頼ることは危険なので数%でもいいので他の収入源を確保しておくことが結果的に安定につながります。

私の場合は投資、ブログ収益、労働になりますね。投資とブログ収益は不安定ではありますがそれ以外に方法がないので仕方がありません。

こう考えていくと自分のビジネスモデルがあるのはやっぱり強いと感じます。ブログもビジネスモデルに成り得るかもしれませんが専門性がなければ難しいでしょう。

私のブログのような日記ブログではとてもビジネスとしては成立しません。(ブログは趣味でやってるので全然構わないのですが)

 

 

最低限の現金とはいかほどか?

生活費=労働収入が現状考えられる最も安定的な方法なのでこれを主軸に考えると最低限の現金はどれぐらいだろう。

生活費は稼ぐことができているわけだから、それ以外の突発的な支出に必要なお金が最低限の現金ということになると考えられます。突発的な支出といっても特に思い当たらないのですが何となく100万程度あれば対応可能な気がします。

10日間程度あればリスク資産を売却して現金にすることもできるので余裕をもって1か月で必要な現金があれば問題ないでしょう。あとは生活の為に支払いがあるのでその分も必要となりますね。

私の場合は120万ぐらいになります。

投資家の夫婦二人の現金保有額が気になります。

コメント

  1. プライア より:

    ほぼ全てがリスク資産って状況は、チキン過ぎてどうも馴染めず結局資産の半分は現金で持つことにしてたりする。

    でもそれは防御の投資だからであって、資産を増やすことを旨とするなら現金なんて5万で十分やと思うなあ。万が一の急な出費なんてまずないし、あってもキャッシングで十分。

    だから手元に残すべき現金の額なんて、自分の安心感(恐怖感)で決まると思うのだよ。ちなみに今おれが一番怖いのは、言うまでもなく全中裏です。

    • プライアさん
      一言でいえば、気持ち次第っていうことになるんやと思う。
      私がバイトしだしたらもうちょっと考えてみよう。

      あ、そうそうあんまり裏の話をすると、ひばり様に怒られるで。(懲罰部隊に注意)