私にはできません。わかりません。って仕事放棄かよ

自分らしい働き方

この間仕事でちょっと段取りが悪いことがあったので部下に改善策を考えてくださいと指導しました。しかしその部下は「私にはできません。わかりません。」と言ってきたんですよね。

何故このような答えが返ってくるのでしょうか?

私が考えるに「経験不足」と「考える意思のなさ」があると感じています。経験不足においては致し方のない部分はありますが新卒や2~3年の部下ならまだわかるんですがその部下は現在の仕事を10年以上しているんですよね。だからこの経験不足っていうのはあまり当てはまらないような気がします。本当に経験がなかったことだったとしても10年の中でそのような状態を想定したことがなかったんだろうか?と勘繰ってしまいます。

経験不足よりも致命的なことが「考える意思のなさ」です。改善策といっても最悪何も思いつかないまでも「どうしたらいいですか?」ということは発言できるんじゃないでしょうか?私にはわかりません。できません。と言ってしまえばもうそこから先に進むことはできません。ある意味職場放棄と同等です。

また突拍子もない意見でもその意見は採用できないとかもっとこういう風にしたらいいんじゃないかという意見交換ができて改善していくことは可能でしょう。単にキャパがないのか、そういう性格なのかわかりませんがもっと仕事に真摯に取り組んでもらいたいと思いました。

あとそういうことが言える立場ってほんとにお気楽だなあと感じました。私も早くそうなりたいです。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ