生活防衛資金100万でいいという妻は肝っ玉がすわっている

資産運用, 資産運用方針

それほど頻繁にではありませんが妻とよくお金の話をします。妻は投資のことはまるっきりわかりません。だからこそ私が行う投資やお金の考え方について意外な側面から的を射た意見をもらえることがあり助かっています。

今回は生活防衛資金について話しました。そもそも生活防衛資金って何?から始まります。投資をしている人では当たり前の言葉や考え方であっても投資をやらない人にとってはちんぷんかんぷんなことが多いのも事実です。

生活防衛資金とは「突然のリストラもしくは会社を辞めた場合や体調不良による入院などに備えるお金」という風に簡単に説明しました。生活防衛資金はいくらが適正かという答えはありませんが書籍やブログを見る限りでは3か月~2年分の生活費としているのをよく見かけます。

このあたりはリス許容度や家族の環境にもよりますが私は心配性なので2年分は確保しておきたいと考えていました。うちの生活費は多く見積もって年間250万なので2年分だと500万になります。

ただ最近はこの500万って多すぎないか?と感じるようになり妻に相談した次第です。そうすると妻の答えは100万でした。しかも即答。

100万というお金はもちろん大金には違いはないのですが私の金銭感覚がずれちゃっているのかそんなに大きなお金という認識もあまりなかったんですよね。

妻によると100万あったら余裕なんちゃうという返事を聞いて気が抜けたというか安心したという気持ちになりました。妻が言うには100万がなくならんうちに働けばええねんということでした。いや、それはそうなんだけどなんか100万は心配な金額だったんだよね。

ある意味、妻のリスク許容度は私よりも高いんじゃないだろうか。

関連コンテンツ