生活費は手取り収入の45%以内におさめる

資産運用

koteihi

収支のバランスを考えた場合、次の項目の合計が収入の45%以内おさまっていると理想的です。ひとつひとつの項目を節約していくことは大切ですがざっくりと把握しておくことで自分の感覚として身に着けていけば自然と収支は向上するでしょう。

※追記

45%という数字は私がこれぐらいの割合だったら生活が楽だろうなと考えるものです。

 

住居費・食費・光熱費・通信費の合計を45%以内におさめると家計の見直しはほとんど終了したと言っても過言ではありません。もし生命保険、医療保険に加入しているのならそれらも加えましょう。

サンプル

住居費 5万

食費 3万

光熱費 2万

通信費 1万

合計 11万

収入に対しての支出割合は次のようになります。

収入 支出 収入に対する支出割合
20万 11万 55%
25万 11万 44%
30万 11万 36%

みなさんのご家庭はいかがでしょうか?

現状生活しているとこれらの項目が0であることはないと考えられます。またこれら以外の項目は調整しやすいということもあり支出の大部分を占める住居費、食費、光熱費、通信費を抑えることがどれだけ重要かおわかりいただけるでしょう。

収入を上げるよりも支出を抑える方が収支改善は簡単です。

 

以上、生活費は手取り収入の45%以内におさめる、でした。

 

関連コンテンツ