セミリタイアへの道30 資産4000万の根拠

セミリタイア

semi-retire-road

私はセミリタイア時には4000万の資産を保有していたいと考えています。4000万で安泰に過ごせるかといわれると正直心もとないと感じます。しかしもっと資産を増やそうと思えばそれだけサラリーマン生活が長くなります。

それは自分が過ごしたい時間が短くなると同義なので資産と時間のバランスを考えて4000万としました。4000万の内訳は現金:株式=30%:70%となる予定なので現金1200万、株式2800万です。

株式は変動がありますが最大マイナス50%になる場合もあると考えています。そうすると1400万の価値になる場合があるということですが仮にセミリタイア初期に現金1200万、株式1400万になったとしても合計2600万なので株式が回復するまでの期間はそう心配せずにセミリタイア生活できるという目論見です。

年間生活費250万としても10年間は生活できるわけですからあまり心配はしていません。またセミリタイアということでアルバイトの収入もあるだろうからこちらの収入を増やしたりもできるので調整できると考えています。

これが3000万だとどうでしょうか? 現金900万、株式2100万となり株式がマイナス50%になっていると現金900万、株式1050万の合計1950万になります。生活費年間250万の場合は7.8年分となります。 あれ?案外いけそうですね^^

関連コンテンツ