仕事にやりがいや楽しさを感じるのは幻想




仕事にやりがいを求めたり楽しさを求めたりすることは必然というか妥当な考えだとこれまで思ってきたのですがどうやらそれは幻想だったようです。

関連記事⇨サラリーマン第二章閉幕~平成最後の日に退職しました~




仕事におけるやりがいや楽しさの要因

仕事は一人ではできないので一つの目的を達成できたときは仕事に携わった人たちと一体感がアップして協同で作業した満足感がありやりがいを感じることがあります。個人でみても何か自分の知らないことを習得したり、その過程においてやりがいや楽しさを感じることがあるでしょう。

私もこれらのことで仕事におけるやりがいや楽しさを感じていました。これらは間違いではないと思うのですがサラリーマンという立場だと100%そうだと言い切れない部分がありますよね。

これが起業したりして何かを成し遂げればやりがいや楽しさが100%あると言ってもいいのかもしれません。

やりがいや楽しさってお金がもらえなくてもやっちゃうものじゃないかな

サラリーマンとして働くとお金をもらうことができます。仕事における対価としてもらっているわけですがどう考えても、やりがいや楽しさよりもお金をもらうことの意義の割合の方が高いと思います。

「やりがい」「楽しさ」「お金」と分解するとお金>やりがい・楽しさという順になるのではないでしょうか。 バランスの問題もありますが全く同じやりがい・楽しさの仕事があるとすればお金がたくさんもらえる仕事を選ぶのが一般的でしょう。

つまりお金をもらってやっている仕事というのは純粋にやりがいや楽しさを求められないというか幻想だと思います。

幻想を認識することで仕事も割り切ってできる

仕事にやりがいや楽しさを求めることで逆に苦しくなってしまうんじゃないかなと感じました。しかしそれらが幻想だと認識すれば仕事も割り切って続けることができるように思います。

あと仕事をしなければお金をもらえないので辞められないということもちょっと違うかなと感じています。お金がなければ何かの不自由が出てきますがその不自由なことをしてもいいと考えるなら仕事を辞めるという選択肢もありでしょう。

現在の世の中ではお金でできることがたくさんあります。つまりお金がないよりもある方がたくさんできることがあるということですね。お金を何かと交換しているわけです。仕事をしてお金を得るということは労働力や時間と交換していることになりますが割に合わないと感じるのであれば仕事を辞めるということを考えてもいいのかもしれません。

仕事をする→自分の労働力や時間と交換してお金を得る→お金を使って物やサービスと交換

このように考えると最終的に自分の欲しいもの得るにはお金を使って交換できることが多いので仕事におけるやりがいや楽しさは幻想と認識して、お金を得るという本来の役割を最大化できるように仕事に取り組むのが良いと考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました