心豊かにシンプルライフはセミリタイアの魅力を伝えるブログです

ダウンシフト×資産運用×ローコスト生活でセミリタイアを目指そう

セミリタイアとは

消費税増税で自分の支出がどれぐらい増えるのか計算したことがありますか?




消費税が10%になり1か月半が経ちましたが生活が苦しくなったと感じるでしょうか?2%の増税なので短期間ではあまり変化を感じることはないかもしれません。しかし1年、2年経つとかなり生活費は上がっているという事態にもなりかねないので自分の生活費でどのぐらいの差が出るのか確認してみるのもいいと思います。




軽減税率という超面倒くさい制度

消費税は10%になりましたが一部は8%のままという軽減税率が適用されています。

https://www.mof.go.jp/consumption_tax/index.html#reduction

スーパーで購入する食材はほぼ8%ということみたいですね。何が8%で何が10%になるのか曖昧になりがちですが私の場合で考えてみます。

2018年の家計簿から消費税8%と10%を区別してみる

家賃720,000
内食266,943
外食52,880
日用・消耗品98,183
衣類6,264
医療費24,825
交際費141,670
水道53,976
ガス71,332
電気79,665
携帯39,400
インターネット84,000
旅費・温泉等72,586
ガソリン106,285
交通機関31,360
車メンテナンス22,060
車保険・税金77,200
火災保険9,800
固定資産税28,800
その他116,792
小遣い16,466

消費税8%のままその他影響を受けない支出は家賃・内食・医療費・固定資産税の4項目になります。固定資産税は自分なりに調べたんだけどたぶん消費税の影響を受けないよね。

2018年の総支出は2120487円です。ここから家賃・内食・医療費・固定資産税を引いたものが消費税増税の影響を受けることになります。

2120487-1079919=1040568円

約105万×2%=21000円

年間約2万の負担増となりそうですね。月間にすると1750円です。影響はほとんどないんじゃない?と思うのですがいかがでしょうか。

消費税増税に負けないローコストで豊かな生活

軽減税率が適用される飲食品は生活に大打撃を与えるのを抑えるために導入されているのかなと感じます。家族の人数が増えるとやはりそれなりの金額になるので負担は大きいでしょう。

うちは「ローコストで豊かな生活」を目指していますがどこの家庭もそうではありません。2%増税といってもほとんど気にせずに今までと変わらない生活を続ける人が多いように感じます。

支出が大きい人ほど徐々にボディブローのように効いてくるので、少なくとも年間の支出がどう変化したのかは確認しておいた方がいいですね。

コメント

  1. プライア より:

    増税増税と大騒ぎするほどのもんじゃない感じはするな。
    キャッシュレス還元による「嬉しい機会の増加」を勘案すると心理的にはトントン。
    でその制度が終わった頃に腹が立つ・・・と思いきや既に慣らされてる、と。

    増税の日にスーパーで「税金が8%のままになってますよ」って申し出てもたわ。
    食品は据え置きって知ってたのに、混乱してて恥かいたって。制度がややこしいねんw

    • プライアさん
      軽減税率はたしかにややこしいよね。
      いっそのこと9%にしたら良かったのに。

      増税しても増税前と同じかそれよりも安い価格設定してる商品もあったりして、こりゃインフレ進まんわと感じてる。

タイトルとURLをコピーしました