米国株式S&P500に投資はじめました




運用の主力は先進国株式インデックスですが米国株式にも投資をしたいという気持ちが前々からあり11月下旬から米国株式S&P500に投資をはじめています。

先進国株式インデックスの約6割は米国株式なので資産全体でみれば米国株式の比率が上がるだけなのですが少額ではじめて気持ち的に納得できればいいなということでやってみました。

 




eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に投資

米国株式S&P500に投資できる商品は多数ありますが先進国株式インデックスでもeMAXIS Slimシリーズを選んでいるので違和感なく選びました。

株式投資をしている人でS&P500を知らないことはないでしょうが簡単に説明すると米国に上場している大型株500社に投資できるということを意味します。ちなみに2018年10月31日の組入上位15銘柄は以下となっています。

1 APPLE INC 4.13%
2 MICROSOFT CORP 3.35%
3 AMAZON.COM INC 2.64%
4 BERKSHIRE HATHAWAY INC-CL B 1.67%
5 JOHNSON & JOHNSON 1.59%
6 JPMORGAN CHASE & CO 1.51%
7 FACEBOOK INC-CLASS A 1.49%
8 EXXON MOBIL CORP 1.41%
9  ALPHABET INC-CL C 1.35%
10 ALPHABET INC-CL A 1.32%
11  PFIZER INC 1.06%
12  BANK OF AMERICA CORP 1.05%
13 UNITEDHEALTH GROUP INC 1.05%
14 VERIZON COMMUNICATIONS INC 1.01%
15  VISA INC-CLASS A SHARES 0.99%

世界でも名だたる企業軍団になっていますね。eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)はこれらの企業に投資することができる投資信託になります。



 

S&P500(配当込み)円換算の過去データ

(クリックすると大きくなります)my index

過去30年の年率平均はプラス9.9%となっていますが、これは驚異的な数字です。インデックス投資での成果は短期ではなく長期でみるべきだということが言われますが、いわゆる長期という期間は最低でも15年以上を指している感覚があります。

 

(クリックすると大きくなります)my index

こちらは年次リターンになりますが2年連続でマイナスリターンの記録はありますが3年後にはプラスリターンを記録しています。グラフを見ればわかりますが相対的にプラスリターンの年が多いのが特徴です。

2008年のリーマンショック時は-49%と大きなマイナスとなっていますがその後の推移は次のようになっています

S&P500年次リターン
2008年 -49.0%
2009年 30.4%
2010年 0.4%
2011年 -3.3%
2012年 30.8%

翌年のリカバリーもすごいですが5年後の2012年には-49%を帳消しにしてしまいプラスになっているところが米国経済の成長を感じることができます。

とはいえ、これらは過去データであるので今後の同じような結果になるとは限らないので油断は禁物です。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の積立設定

証券会社:SBI証券

積立商品:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

積立金額:毎営業日500円

積立開始日:2018年11月26日

 

積立金額は迷ったのですが毎営業日500円としました。年間で約10万ぐらいの投資額になるでしょうか。最初は100円にしようかと思ったのですがいまいちリアリティがなく500円ぐらいが今の自分にとって適当かなと思いました。

こちらの成績については来年から週一で公開していきたいと考えています。

コメント

  1. あれー、1557じゃないんだ。
    まあ買付単位が2万円以上になっちゃうし、指値する面倒があるからね。
    ラクなのは投信のほうか。

  2. たんちん より:

    丁度、積み立てを増額しようと思ってたので私も参加してみます、合わせて日本株インデックスを買って比較してみようと思います。今も先進国株と4資産、8資産を積み立ててますが同時に始めるとそれぞれの値動きの特性が実感できますねえ。個別株と違いロウストレスです。

タイトルとURLをコピーしました