突然ですが会社を辞めました(退職しました)、明日からセミリタイア1年生

人生・生き方, 仕事・働き方

紆余曲折ありましたが結果的に会社を辞める(退職する)ことにしました。会社を辞めるということは人生でとても大きな決断です。サラリーマンの世界から抜け出すことは容易ではありません。しかしセミリタイアという目標をずっともっていたのでいい機会が訪れたと感じたので辞めることにした次第です。

関連記事来年に会社を辞めるか辞めないかを決めました

 

 



 

会社を辞めた理由

会社を辞めた理由は複数あります。若いころなら仕事の内容が嫌、人間関係が嫌という短絡的なことで辞めることも多々あると思うのですがもうすぐアラフィフになるおっさんはそんな短絡的な理由で辞めることはできません。

アラフィフで辞めるということは若いころに辞めるということとは全く違います。簡単にいえばリカバリーが効きにくいです。おそらくですがアラフィフで転職して収入がアップするという人は少ないでしょう。

辞めた理由の最も大きななのは「満足感」です。サラリーマン生活28年ですが何度か転職もしてきましたが今の会社は13年間在籍していました。サラリーマン生活のおおよそ半分を過ごしてきました。

今の会社でやる仕事はそれほど難しくはなくやりがいというものもあったと感じます。しかし現状ではそういうやりがいというものもなくなりました。何故かというともうやり切った感が出てきたからです。

幾度か転勤生活をしてきましたがその都度同じようなことを教えていくのですが現職場では自分の思い描いたことができたように感じます。こういった満足感が会社を辞めることを後押しした一つの要因です。

もう一つは会社への不信感です。会社への不信感が全くないというサラリーマンはいないでしょう。だからタイミング的なこともあると思います。私の場合は社宅の騒音問題ということがありましてその対応に不信感を抱いてしまいました。

詳細は省きますが自分なりに一生懸命に仕事をしてきて会社の役職にしても現場の長としてさせてもらっていました。ある程度は会社に貢献できたかなと思っています。そんな私の認識と会社側の対応に大きな隔たりがあったということです。

この対応が納得いくものであれば会社を辞めるという選択はしなかったです。

 

明日からセミリタイア1年生

本日でサラリーマン生活を卒業するので明日からセミリタイア1年生です。あくまで「セミ」なので全く働かないというわけではわりません。今後どういう働き方、生き方をしていくのかはまだはっきりとは決めていません。

見切り発車のセミリタイア生活となります。しかし自分でもびっくりするぐらいに不安はないんですよね。明日から時間がいっぱいできるから何をしようかなというワクワク感が大きいです。

アラフィフのおっさんが1年生というのも何だかなという感じもありますが、本当に1年生という新鮮な気持ちで迎えることができそうです。

サラリーマンを卒業したからこそ書けるサラリーマン術やセミリタイア1年生の疑問や葛藤なんかもブログ記事にしていきます。

あえて自分に向けていいますがサラリーマン生活28年間お疲れ様でした。

そして卒業おめでとう!

 

関連コンテンツ