他者の力ばかりを当てにしている限り自分に満足することはない




この記事は約2分で読めます。

アルバイトを始めて11か月になろうとしていますが世間話なんかもするようになっています。正社員時代にも感じたのですがとにかく文句ばかりをいう人間はいるもんなんですね。働いている職場だけならその人間がそういう人だと考えることもできますが、同じような文句を職場を変わっても常に聞きます。

これは日本の社会で育ったからなのか、そういう属性の人数が多いからなのかわかりませんが一つだけ言えることは毎日がつまらなそうということです。

会社の中での問題は給料が低いや有休が取れないといった事、家庭では親や兄弟との関係性が良くない、子供がいるから自分の時間が持てない、プライベートでは結婚できない、やりたいことがないというものが多いです。

私ならこれらの問題に対してどうすれば自分が満足できる状態に持っていけるのかを考えます。もちろん問題解決とはいかない場合もありますが、自分が納得できる形に持っていくこと、納得できる状態に近づけることには意味があると思います。

ただこういった問題を抱えても会社が悪い、時代が悪い、誰々が悪いととにかく周りに原因を押し付けていることが多いと感じるんですよね。仮に自分が何もしなくて状態が好転したとして満足できるんですかね?

一時的には満足できてもその状態がずっと続くとは考えにくく、結局元の木阿弥になってしまうんじゃないでしょうか。

他者の力を借りることは必要なことはあるんですけど、それに頼りすぎるとトラブルが起きた時に自分で対応できなくなると思います。人間は完璧な生き物ではないのでできないことがあるのは当然ですが出来る限り自分にできることは改善して満足度を高めるのが良いと考えています。

偏見かもしれませんがこういう人の方が多数派だと思うんですよね。自分の満足度を上げる努力はしているけど、努力が少し足りないのと継続性がないと感じます。

多様な生き方といえばそれまでですが、私はやっぱり自分が楽しいと感じる時間を増やしていきたいと思います。何だかんだ言って今が一番楽しいです!

コメント

  1. 山中 一人 より:

    他人任せの生き方をして、被害者意識の強い人ほど、政治家や宗教やマルチ商法の鴨になって、お金を吸い上げられてますね。
    故に、現実世界では、不幸な人ほど更に不幸になるの図式です。

  2. プライア より:

    それは最近よう思うわ。現実や自分自身と向き合えてないのを見せずにアピールだけ上手な人も多いから、ダメさを正直に見せる人の方が好感度が高いとさえ感じる。

    ありふれた陳腐な表現になってしまうがおれは昨日より今日、今日より明日ってステップアップしたいんよな、リタイアしてても。他人のせいにしてる暇なんて全然ないわ。

    • プライアさん
      ステップアップかあ、私はあまりそういう向上心はなく(笑)とにかく自分が楽しめる時間を増やせていけたらいいなと思う。
      とにかく自分に馬鹿正直でありたいね。

タイトルとURLをコピーしました