マイナビ転職を活用しなくてもいい人は自己主張型




2019年4月からの働き口を探していたところマイナビ転職に登録していたので連絡がありました。このようなサイトに登録したのは初めてだったのですがどうやら転職エージェントが在籍している会社が複数登録されているようでその中で条件に合致した会社から連絡があるようです。




転職エージェントの仕事の概要

私も初めての経験だったのですがやり取りをしている中で何となく見えてきたものがあります。転職エージェントの主な仕事内容は企業からの求められる人材を見つけ出してマッチングするというものです。

「企業⇔転職エージェント⇔求職者」という構図ですね。私が担当してもらった会社は東京にオフィスがあるところでしたのでメールまたは電話でのやり取りでした。

転職エージェントを活用するメリット

契約条件を交渉しやすい

最大のメリットは契約条件を交渉しやすいということでしょう。自分で直接企業と交渉するわけではないので自分の求める最大限の条件を素直に伝えることができます。その条件から少しづつ妥協していき企業と求職者の妥協点を見出してくれます。

親身に相談に乗ってくれる

これはビジネスなので当たり前といえばそうなんですけど就職活動が煮詰まっている人にはビジネスと言えど心強いと感じるのではないでしょうか。

内定から契約締結までの間に最悪の事態が起こりにくい

内定をもらったとしても企業の都合で内定取り消しとなることも世間ではあるようですが転職エージェントを活用しているとそういうことは起こりにくいのかなと感じます。企業から転職エージェントには無数のオファーがあるようですから企業の都合で内定取り消しとなれば信頼問題となり得るからです。

内定=契約完了と捉えても問題ないと思います。

転職エージェントを活用するデメリット

やり取りがまどろっこしい

ハローワークを通して自分で面接に行く場合はいいのですが転職エージェントが間に入る分、連絡などのレスポンスはかなり悪いと感じました。基本的にはメール対応なのでメールをしてから2~3日後に返事がくるといった感じでした。

これは企業側のレスポンスによるのかもしれませんが私にはまどろっこしかったですね。

求職者がデメリットと感じるのはこれぐらいだと思います。あと一つ強いて言うなら自分の言いたいことをきちんと伝えることができない場合はあまり意味はないかなと思います。

転職エージェントを活用しないでいい人

転職エージェントを活用するとは言っても単に代行なのかなと感じました。忙しい人や自分があまり知らないような業界に転職する場合は活用してもいいと思うのですが私のようなそんなに仕事をあせって探していない場合は自分でハローワークに言って手続きした方がスムーズだったような気がしてます。

また職歴にあるような仕事、または自分の資格や経験に応じてできる仕事を見つけてくれるのが転職エージェントのひとつの醍醐味ではあるのですが鳥取ではそうそう仕事自体がないのでその辺りもあってあまり有難味を感じることができませんでした。

そもそもアラフィフのおっさんに未経験の仕事を斡旋することはほとんどないので結局は過去に仕事経験があるものになります。そうすると鳥取ではハローワークで探した方が早いんですよね。

つまりハローワーク・求人情報誌・ネット求人を通して企業とコンタクトを取り自分で交渉できる人は転職エージェントを活用する意味は薄いと言えます。

転職エージェント会社の取り分

余談ですが今回の転職エージェント会社の取り分は契約時の年収の40%ということでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました