2022年つみたてNISA運用状況

この記事は約2分で読めます。

つみたてNISA制度は2018年から開始されているので今年で5年目になります。今年も何とか満額40万を一括投資することが出来ました。一括と積立投資の優位性は理論的には一括に軍配が上がりますから私はつみたてNISAは年初一括投資することにしています。

特定口座のように長期にわたり取得価格に影響するなら精神的な慣れも考慮して積立投資でもいいのかもしれませんがつみたてNISAは積立期間が1年しかありませんのであまり気にする必要はないと考えています。

それでは2022年1月の状況を見ていきます。

つみたてNISA年度別収支

出典:SBI証券

2022年は年初少し上昇する局面もありましたがその後は下落に転じていてマイナスリターンとなっています。2018~2021年は軒並みプラスリターンですね。これは完全に出来過ぎでそろそろ景気後退局面に突入すると考えているのですがどうなることやらです。

ここまでのつみたてNISAの成績は+46.36%で元本200万に対して92万の利益となっていてうれしい限りです。20年後も楽しみで仕方ないですね。

つみたてNISA保有証券

出典:SBI証券

つみたてNISAの保有証券は上記画像のようになっています。2022年は再びたわらノーロード先進国株式を選択しています。理由はこちらの記事をご覧ください。

基本的には今後も先進国株式に投資していく予定です。理由をざっくり述べると新興国の成長があったとしてもその利益は先進国も享受できると考えているからです。グローバルな世界になった現在では新興国単独での成長は考えられないからです。

コメント

  1. 斉木裕司 より:

    いつも楽しく拝読させて頂いています。積立NISAで年初に一括投資をされているということは何度か拝読しました。しかし、積立でしか利用出来ないと理解しています。具体的にどうやっておられるのでしょうか?お教えいただければ幸いです。

    • 斉木裕司さん
      ブログ見て頂いて、ありがとうございます。
      証券会社等によって違うかもしれませんが私はSBI証券でつみたてNISAをしています。
      設定は次の通りです。
      ・毎月1日 100円
      ・ボーナス設定 1月1日 399900円

      その後、毎月1日に積立エラーが出ますが特に問題ありません。

タイトルとURLをコピーしました