アラフォー世代はつみたてNISAと個人型確定拠出年金(iDeCO)のどちらを活用すべきか

資産運用

2018年から始まる「つみたてNISA」ですが個人的にはこれから資産運用をはじめる人にとっては大本命の制度で活用しない手はないと考えています。投資をはじめるにあたって調べていくうちにいろんな商品や制度があることに気づくと思います。

非課税枠として使える制度としては「つみたてNISA」と「個人型確定拠出年金(iDeCO)」がありますがどちらを選択すればいいのか迷っている人もいるでしょう。

そこで簡単に両制度の内容を振り返りながらどちらの制度を利用した方が良いか検討してみます。

 

 



 

つみたてNISAの特徴

・非課税期間は最長20年間

・非課税投資枠年間40万

・対象商品は一定の条件を満たす投資信託

制度の詳細は各証券会社ホームページを見てもらえれば出ていますが抑えておきたい特徴はこの3点になります。年間40万の投資枠ですが月3.3万程度になりますがこれから資産運用をはじめるには適度な額だと思います。できれば12か月で割り切れる60万とかの方がすっきりした感じがあるのは否めません。

関連記事2018年からはじまる積立NISAに注目しよう

 

個人型確定拠出年金(iDeCO)

・掛金全額所得控除

・運用益非課税

・受取時の税制優遇措置

こちらも詳細は各証券会社ホームページを見てもらいたいのですが特徴としてはこの3点になります。サラリーマンの場合は年末調整時に掛金の所得控除を行うことになります。運用益非課税についてはつみたてNISAと同様です。

受取時の税制優遇措置については個々で対応が違っているので自分の状況を把握して対応しておくべきです。ただ個人型確定拠出年金(iDeCO)の場合は原則60歳まで引き出し不可となっているので制度が改正される場合も予想されるのでその都度考えていくべき課題です。

関連記事個人型確定拠出年金(iDeCo)について1

関連記事個人型確定拠出年金(iDeCo)について2

 

つみたてNISAと個人型確定拠出年金(iDeCO)の決定的な違い

つみたてNISAと個人型確定拠出年金(iDeCO)の決定的な違いはつみたてNISAは途中引き出し可能なことに対して個人型確定拠出年金(iDeCO)は原則60歳まで引き出し不可ということです。

自由に引き出せないというのは案外不便なのではないかと考えています。長い人生の途中で何があるのかわかりません。その時に急にお金が必要になる場合もあると思います。

 

アラフォー世代は「つみたてNISA」を選んだ方が無難

さて「つみたてNISA」と「個人型確定拠出年金(iDeCO)」のどちらかを選択するなら迷わず「つみたてNISA」を選んだ方が無難です。もちろん潤沢に投資するお金があるのならどちらもした方がいいに決まっています。

しかし現実問題として毎月投資できる金額は3~5万程度ではないでしょうか?

それも一時ではなくできるだけ長く続けることを念頭におけばあまり大きな金額ではないと思われます。そして先ほども言いましたように「途中引き出しできる」ということが大きなメリットになると考えています。

仮に毎月3万を20年間積立して3%複利運用した場合は以下のようになります。

積立総額 運用益 運用益累計 元利合計
1年目 360,000 10,800 10,800 370,800
2年目 720,000 21,924 32,724 752,724
3年目 1,080,000 33,382 66,106 1,146,106
4年目 1,440,000 45,183 111,289 1,551,289
5年目 1,800,000 57,339 168,628 1,968,628
6年目 2,160,000 69,859 238,486 2,398,486
7年目 2,520,000 82,755 321,241 2,841,241
8年目 2,880,000 96,037 417,278 3,297,278
9年目 3,240,000 109,718 526,997 3,766,997
10年目 3,600,000 123,810 650,806 4,250,806
11年目 3,960,000 138,324 789,131 4,749,131
12年目 4,320,000 153,274 942,405 5,262,405
13年目 4,680,000 168,672 1,111,077 5,791,077
14年目 5,040,000 184,532 1,295,609 6,335,609
15年目 5,400,000 200,868 1,496,477 6,896,477
16年目 5,760,000 217,694 1,714,172 7,474,172
17年目 6,120,000 235,025 1,949,197 8,069,197
18年目 6,480,000 252,876 2,202,073 8,682,073
19年目 6,840,000 271,262 2,473,335 9,313,335
20年目 7,200,000 290,200 2,763,535 9,963,535

約1000万になりますね。これぐらいになれば十分ではないでしょうか。アラフォー世代ですから40歳から60歳まで積立てることになりますが60歳時点で1000万の資金が出来るわけですから少しの余裕ができます。

3万以上投資できるお金があるなら個人型確定拠出年金(iDeCO)や特定口座での積立をおすすめします。

関連コンテンツ