U-NEXTビデオ アイネクライネナハトムジーク




この記事は約2分で読めます。

10年の時を経て変わるも変わらないもの、どちらがいいんだろうか。そんなことをふと感じた映画でした。

知らなかったのですが原作は伊坂幸太郎の同名小説でした。伊坂幸太郎の作品っぽいなと思いました。

出会いがないと嘆く佐藤(三浦春馬)は街頭アンケートで偶然に失業中の本間紗季(多部未華子)に出会う。その後交通整理をしている紗季に再び会うことで交際がはじまり10年の歳月が過ぎていった。

映画の特徴として複数の人間の人生を追っていく形になっていたのでいろんな人の人生を見れた気がしました。

佐藤の友人である織田一真(矢本悠馬)・妻 由美(森絵梨佳)・子 美緒(恒松裕里)、由美の友人である美奈子(貫地谷しほり)・夫 ウィンストン小野(成田瑛基)の3組の人生を追っていく映画となっています。

興味深いのはこの3組がどこかで繋がっていることなんですよね。佐藤-一真-由美-美奈子-ウィンストン小野という感じです。

佐藤と紗季は偶然の出会いですがウィンストン小野を通じて間接的に繋がっているのかなと思います。

映画ではこのように目に見える形をみることができますが現実では自分の知らない誰かともいつの間にか繋がっているのかもしれないと感じました。「繋がり」という言葉を何度も書いていますが映画をみて本当に大事なことのひとつなんだなと思いましたね。

10年後にはそれぞれの形に変化していくのですが歩道橋の路上シンガーがずっと変わらずに歌い続けているのも印象的でした。

変化した方がいいこと、変化しない方がいいこと、どちらもありますよね。セリフのひとつに「たくさんの経験をすると自分の気持ちを最優先できなくなることがある」というニュアンスのものがあるんですけど、これよくわかるなあと感じました。

年齢を重ねるにつれて失敗をしないようにだとか効率よくだとかを考えがちになり無駄を省く行動を取りがちになると思うんですよね。だから自分の気持ちと真正面から向き合えなくなってしまう。

良いか悪いかはわかりませんが私はセミリタイアしてから少し子供の頃の自分に戻った気がしています。そう自分の気持ちに素直だったあの頃に。

もし自分の気持ちを偽っているとまでは行かなくても自分のやりたいことに蓋をしているのであればできることから少しでもやった方がいいのかもしれませんよ。

さあ、次はどんな映画を見ようかな!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました