夢紹介「証拠」

プールの監視員

プール監視員のクロスパールと妻。閉館時間なのでプールに入っている人を外に誘導する。少し離れたエリアも見に行くが誰もいないことを確認。自分たちも着替えに戻ろうとするときに5人の競泳水着を着た女性に出くわす。ふと妻をみると何故だかバスタオル1枚を羽織っている姿になっている。あたりはかなり暗くなっていた。急いで更衣室に走る妻に気を付けていきなさいと声をかけたその瞬間猛スピードで走ってきた自転車と横断歩道を渡りきったところで衝突する。うめき声を上げながらお腹を押さえる妻。なんと妊娠していたのだ。
助けてくださいというクロスパールの声は周りにいる誰にも届かなかった。
最後の声が届かないのがつらいね。
証拠
妹夫婦を乗せて車を運転しているクロスパールは駅に向かっていた。途中高架下あたりでどこかの配送業者の制服を着た数人が殴り合いの喧嘩をしているのが目に入る。
そして駅について戻ろうとしたクロスパールだが車の中に積み木のようなものが落ちていた。その時にはわからなかったがのちに殺人事件の重要証拠となるものだった。
小説っぽい。
転機
ゆう(クロスパール)・てつじ・かいの高校生3人はばかなことばかりして高校生活を謳歌していた。しかし、ゆうが何気に応募した小説が出版社の目に留まり小説養成所にこないかと誘われる。くしくも同時期にてつじにも科学研究所からの誘いがくる。
その頃かいには抽選で当選した50インチのテレビが届いていた。
ゆうの幼馴染であるミナはそんな3人の姿をみるのが好きだった。
ドラマっぽいね。

関連コンテンツ