夢紹介「女子高生の恐怖」

迷走

妻と旅行で山頂の旅館に泊まることになったが到着したときに買い忘れたものがあることに気づきクロスパールが車で麓のスーパーまで買いにいくことにした。お目当てのものを買って旅館に戻ろうとするとどうしたことかいつまでたっても旅館に辿り着くことができない。しょうがないので携帯電話で連絡をとろうとするがどうしても連絡を取ることができない。あせるクロスパールは車を爆走させるが何故か同じ景色ばかりがでてくる。

実際でもよくある・・・。

 

女子高生の恐怖

2階建てのトイレ(1階女子・2階男子)でおしっこをしたら床に穴があいていて1階の女子高生4人にかかってしまう。「何しとんじゃあ」と追いかけられるクロスパール。必死に逃げるが田んぼに足を突っ込んで捕まってしまう。「どうしてくれようか」と言われ足がすくんでしまう。
ハッと目が覚めてしまった。
三国志?
ネットで知り合った夏候院響子という女性の家に居候することになったクロスパール。新しいPCを購入して響子の家のネットにつないでいたところ父親が「何つかっとるんじゃあ」と怒鳴り込んでくる。響子の父親はDVだったのだ。平謝りするクロスパール。「すいません」を連呼して何とかその場をおさめたがその夜の寝る間際に明日この家を出ていこうと決心するのであった。
夢っておもしろいね^^

 

 

関連コンテンツ